NEWS

家族構成別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦+子ども > デッキがゆくり場。公私を分けてのびのびと

こだわりのスペース

デッキがゆくり場。公私を分けてのびのびと

横長のスマートなシルエットを見せながら、自然豊かな丘陵地にはうように建つOさん宅。半屋外のデッキを挟んで、開放的なLDKとご主人の書斎を両サイドに配置。敷地東側のウージ畑に向けて開口部を大きく取り、穏やかな眺めと風を取り入れながら、公私ともに充実した暮らしを楽しんでいます。

こんな家!

☆ 生活スペースと仕事部屋を分離。南北に細長い敷地を存分に活用

西側で道路に接する、建坪約47坪の平屋住宅です。親子5人の笑顔が行き交う開放的なLDKが南側にあり、ご主人の仕事部屋である書斎と、伯母のために用意した琉舞道場が、デッキを介して北側に外付けされたような間取りになっています。
 ファサードを眺めると、家の一部が地面に埋まって見えるのは、傾斜地でしかも敷地にかなりの高低差があったから。いびつで南北に細長い土地形状に沿って、水平ラインの広がりを強調した真っ白な躯体が横たわっています。
 Oさんご夫妻がマイホームの計画に乗り出したのは4年ほど前。両親から現在の土地を譲り受け、漠然と新居イメージを抱えながら、業者を回ってプランを練り始めました。依頼先選定の最大のポイントは、「私たちの要望を的確にくみ取って、形にしてくれた」こと。最初に提案されたプランを見たときから、各スペースの位置関係や動線の組み立て方がお2人の感覚にフィットしており、その後もほぼ変更なく、第一案をベースに計画が進められました。
 生活スペースと書斎を切り離すことは、当初からの要望通り。「主人は自営業で、仕事は屋内作業が中心。今まで住んでいたアパートでは、部屋の一つを仕事場に充てていたため、お互いに気遣いするケースが多く、のびのび仕事に打ち込める環境を整えたかったので」と奥さま。
 琉舞道場は、生活サイズに見合った住宅だけでは持て余してしまう土地の一部を有効利用したもの。「よく面倒を見てもらっていた伯母に、昔から夢見話のように、“将来家を建てるときは、一緒につくってあげるよ”と話していたことが本当に実現しました。伯母はとても喜んでくれているし、子どもたちも琉舞のけいこを見学できるので、いい経験になりますね」と目を細めます。

続きを見る

☆ 視界が広く居心地抜群のキッチン。内装は白を基調に遊び心をプラス

 

昨年10月の完成以来、奥さまの「お気に入りの場所」になっているのがキッチンです。つり戸棚のない開放的な対面式で、デッキから子ども室まで180度見渡すことができ、正面のリビングの窓越しには、敷地外に広がるウージ畑の眺めも楽しめます。家事動線もコンパクトにまとまり、右手にはトイレ、左手には洗面・脱衣室・シャワールームが隣接。さらにキッチン背面はウオークスルークロゼットになっており、中を通って脱衣室と玄関ホールの間を行き来できます。
 「インテリアは白を基調にまとめていますが、キッチンの壁面は黄色にしようと決めていました。造作棚の隅にはパソコンスペースをつくってもらい、台所作業をしていないときでも、キッチンにいる時間が長くなりました」とのことです。
 壁のクロスの一部は色柄を変えて、白く明るい空間の中にアクセントを加えるとともに、建具はダークブラウンで統一し、落ち着いた雰囲気を演出。ただし「仕事スペース以外は、基本的にすべて妻任せでした」というご主人の書斎だけは、ご自身の要望を反映させ、壁・床・天井・建具をすべて白でまとめました。また水回りの建具には、「家づくりの記念に」と子どもたちと一緒に制作した紅型和紙がはめ込まれ、和やかな表情を漂わせています。
 実際に暮らし始めて、夫婦それぞれに「何かと重宝している」と感じるのが、半屋外のデッキスペースです。ここは玄関とは別に設けた、琉舞道場の出入り口からも直接アクセスでき、「テーブルを並べて、仕事の打ち合わせによく使っています」とご主人。またデッキから室内を通らず、洗面・シャワールームにも直行できるとあれば、育ち盛りの子どものいるご夫婦にとって、この上なく便利なのは言わずもがな。吹き抜ける爽やかな風を感じながら、公私ともに充実した時間を過ごしています。

☆ 高低差の大きな土地で、生活スタイルとコストに見合った適切な使い方を考える

Oさん宅の設計では、土地の使い方が最大のポイントになりました。計画地は南下がりの傾斜地にあり、敷地内の高低差は最大で約4メートル。隣地との間にも2メートル近い段差がありました。一般的には排水の問題上、高い地点を基準にして擁壁などを造成していきますが、今回のケースでは一般住宅に不釣り合いなほど、莫大な工事費用がかかってしまいます。そのためあえて低所を地盤面に設定し、課題をクリアしつつOさんの要望に応えていきました。  外観を眺めると、家の一部が地面に埋まって見えるのはそのためです。接道面は直射日光の影響を受けやすい西側だけなので、前面道路側は完全に閉じ、好条件の東側に大きく開いて採光・通風を図るプランを策定。結果としてファサードがすっきりとシンプルにまとまり、水平のラインが強調された、美しいフォルムに仕上がりました。  レイアウト面では、生活スペースとご主人の書斎を切り分けたいとの要望が第一にあり、それぞれ独立した空間として扱いつつも緩やかなつながりが保てるように、デッキを活用したプランを提案しました。さらにこのデッキを、家全体に光と風を招き入れる要所として、リビングにはデッキと東側の庭に面して大開口を設置。キッチンは家事動線にも配慮しながら室内全体を見渡せる場所に置き、LDK全体を明るく風通しのいい空間に仕立てました。この快適な場を家族が集う結節点と考え、主寝室と子ども室はリビングの周囲に並べています。  またデッキ回りのスペースは、利便性を意識して水回りと隣接させています。バーベキューなどをするときに簡単に準備・片付けができ、ご主人が趣味のサーフィンから帰宅したときも、室内を通らずすぐにシャワーを浴びられるようになっています。  半屋外の心地よい空間なので、他にも用途を問わずいろいろな楽しみ方ができるでしょう。設計時にイメージしていたのは、くつろぎながら多目的に使える「ゆくり場」。Oさんに話を聞くと、「気持ちがいいから」と仕事の打ち合わせ場所にするなど、イメージ通りの使い方をしているようで、設計者としてとてもうれしく思います。

建設データ

家族構成:夫婦、子ども3人
所在地:南城市
設  計:有限会社協永プラン+hacototo design room
敷地面積:456.6㎡(約138.1坪)
建築面積:156.4㎡(約47.3坪)
延床面積:146.3㎡(約44.3坪)
用途地域:未指定
構  造:補強CB造平屋建て
完成時期:2015年10月

●建築:大正建設
●電気:野原電気設備
●水道:徳設備
●キッチン:大里総合建材

建築・建設会社

  • ■ 有限会社協永プラン
  • ■ 那覇市寄宮2-29-3 4F
  • ■ 屋慶名啓市
  • ■ 098-834-7609
  • ■ http://kyouei-plan.com/

こんな家!に戻る >