NEWS

新築・中古・リノベ

かふうWEB > こんな家! > 新築・中古・リノベ > キッチンのタイプ別 > 明るい笑い声が響き渡る吹き抜けの家

夫婦+子ども

明るい笑い声が響き渡る吹き抜けの家

かつて暮らしていた借家の近隣で60坪弱の土地を購入し、念願のマイホームを手に入れたTさんご夫妻。 南面に向かって大きくガラス窓が取られた2階建ての新居は、1階にLDKと和室、2階に主寝室と子ども室が並び、上下階を吹き抜けが連結。 常に家族の明るい笑い声がこだまする、和やかな住まいです。

こんな家!

☆ 始まりはまったくのノープラン。勉強を重ねてイメージを固める

 閑静な住宅地の一角に建つTさん宅は、親子6人が暮らすにぎやかな住まいです。常に笑い声がこだまするリビングの吹き抜けには、庭に面して大きなガラス窓が連続し開放感にあふれ、デッキスペースとダイニングに設置したカラフルなハンモックが、くつろぎムードを演出。会話が弾むペニンシュラ(半島)型の対面キッチンは、オーダーメードのオールステンレス製で、アクセントとして床や壁にタイルをあしらうなど、家中どこを見ても、デザインにもレイアウトにも、ご夫妻の好みがきめ細かく反映されています。

 とはいえ3年前に家づくりに取りかかり始めた当初は、「何から手を付けていいのか分からず、まったくノープランだったんですよ」とご主人。運よく土地を購入できることが決まってからは、「以前から住宅紙の切り抜きを集めたり、住宅関連のテレビ番組を見るのが好きでした」という奥さまの要望をもとに、設計事務所や完成見学会を頻繁に訪れ、イメージを固めていきました。
 Tさんが第一に求めたのは、1階LDKと2階子ども室のつながりを保ち、常に家族の気配が感じられるように、リビングに吹き抜けを設けること。仕上がり面では、「幅木をなくして床面をすっきりと納め、床材には上質な無垢(むく)材を用いること」にこだわりました。
 依頼した建築士と出会ったのは、計画を始めてから約半年後。お2人の希望条件をすべて快諾してくれた上に、「今までで最も理想に近いプランを初回から提案してくれた」ことが決め手になりました。最終的な実施設計までには、たびたび変更を加えましたが、あくまで「第一案に沿ったもの」だったそうです。

続きを見る

☆ 建材・設備選びは徹底的に。実物を現場で入念にチェック

 

 Tさんご夫妻の家づくりに対する情熱は、間取りの検討時もさることながら、建材・設備選びの段階でますます高まりました。カタログだけでは判断せず、「実物を見て決めたいから」と可能な限りのサンプルを請求。仕事で県外へ出る機会が多かったご主人は、これ幸いと、ありとあらゆるメーカーのショールームを訪問しました。
 建築現場で材料を選定するケースもしばしば。例えば玄関正面や床の間の壁には、奥さまが偶然見つけて「これがいい!」と気に入った墨入りの塗材を施工。職人と一緒に、墨の混ぜ具合を加減しながら何パターンものテストを繰り返し、好みの色合いを選定しました。またキッチンの足元は、当初はLD同様にフローリングの予定でしたが、急きょタイル貼りに変更。コンロ脇の壁面も、「この壁に、空間のアクセントになるような施工を入れましょう」との建築士からの呼びかけに応じて、モザイクタイルを採用しました。
 ご主人は「ちょっとした自慢なんですが」との前置きに続けて、「すぐ近所に住む友人から、私たちの家の現場はいつも笑い声がしていたと聞き、いい雰囲気で工事が進んだとうれしくなりました」と笑顔。このとき築いた職人との関係は、今なお続く良縁になりました。
 念願のマイホームが完成したのは昨年8月。お2人にとってはもちろん、お披露目した人からはすべからく評判がよく、「奥さま方には、キッチンのすぐ裏にある、全天候型のランドリースペースが大好評。私たち夫婦は、なぜかキッチンの作業スペースの居心地がよくて、カウンター側とどちらに陣取るか、競い合っています」と奥さま。
 また大勢の人が集まるのが大好きなお2人らしく、新築祝いを兼ねて、これまでホームパーティーを何度となく開催してきました。家づくりに懸けた熱い思いが、適度なほとぼりを保ったまま新居の隅々まで行き渡り、訪れる人を温かく包み込んでいます。

☆ 施主の希望に沿って細やかに整えた空間に、映えるデザイン・素材を提案

Tさんご夫妻が私の事務所へ初めて相談に来られたときは、幾つかの業者さんと段階を踏んで打ち合わせをしたあとであり、希望条件もだいぶ明確になっていたので、それらを整理するところから始めました。具体的には、既にほぼ確定していた間取りをベースに、採光・通風が最大限に確保できるように敷地形状に合わせてレイアウトを定め、水回りの動線を使い勝手よくまとめ直しました。またお2人の細やかなこだわりを反映できるように、ポイントごとにデザインや素材を提案し、話し合いを重ねて詳細を詰めていきました。
 水回りは「北西側に配置して、家事動線を短くしたい」との要望を踏まえ、キッチンから最短距離で移動できる位置に集約。ランドリースペースは天候に左右されないように屋根を設けつつ、敷地北側にあるためトップライトで採光を図りました。さらに洗濯物を干したり取り込んだりする作業が効率よく済ませられるように、キッチンと脱衣室のどちらからでもアクセスできる経路をつくり、水回り全体で回遊性のある動線を組み立てました。
 素材面では、例えばフローリングには強いこだわりをお持ちでしたので、しっかりと予算をかけて、上質な無垢(むく)のチーク材を選択。一方で2階はコストを抑えるために、木の風合いが感じられてソフトな歩行感のあるコルクタイルを、コンクリートスラブに直貼り施工しました。また室内の壁面は、クロス以外の仕上げが希望だったため、白の塗料で統一。同じ白でも光沢のある外壁とは趣を変えて、マット調の色味を採用しました。
 2階子ども室は、成長に合わせて自由に使い分けられるように可変的なつくりとし、3室中2室は間仕切り戸の脱着が可能な構造にしました。入り口の引き戸を開ければ、吹き抜けに面したフリースペースと一体化したよりオープンな空間となり、上下階のつながりがますます高まります。

建設データ

家族構成:夫婦、子ども4人
所在地:那覇市
設  計:株式会社 一級建築士事務所 斎
敷地面積:188.79㎡(約57.40坪)
建築面積:85.66㎡(約25.90坪)
延床面積:124.66㎡(約37.70坪)
用途地域:第一種低層住居専用地域
構  造:鉄筋コンクリート構造2階屋建て
完成時期:2015年8月

●建築/有限会社匠建
●電気/喜友名電気
●水道/有限会社ライフ工業
●キッチン/有限会社モブ

建築・建設会社

  • ■ 株式会社 一級建築士事務所 斎(さい)
  • ■ 那覇市小禄1-3-1
  • ■ 玉那覇昇一
  • ■ 098-996-3512
  • ■ http://www.atelier-sai.net/

こんな家!に戻る >