NEWS

家族構成別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦+子ども > 戸建て感覚の“駅近”マンションライフ

夫婦+子ども

戸建て感覚の“駅近”マンションライフ

ゆいレールの駅から徒歩5分ほどの好立地で、マンションライフを満喫するTさんご夫妻。
高い天井や開放感のあるバルコニー、遮音性が高く階下に音が伝わらない床など一戸建てと同様の感覚で暮らせる環境で、都市生活を心から楽しんでいます。

こんな家!

☆ 立地とセキュリティーに引かれマンションを選択

 長男の誕生を機に、家族の新たな拠点となる住まい探しを始めたTさんご夫妻。新築一戸建てや中古住宅も含めて検討し、最終的に現在のマンションを選んだのは、立地とセキュリティーが大きなポイントでした。「仕事上、居住エリアは那覇市内あるいはその近郊であることが必須条件。一戸建てはとても魅力的だったのですが、希望にかなった土地が見つからなくて。そんなときに現在の物件と出合い、ゆいレールの駅から徒歩約5分という立地にまず引かれました。仕事で帰りが遅くなる日も多く、セキュリティー面を考えればマンションが最も安心であるという点も、決断の後押しになりました」とご主人は振り返ります。
 駅近物件は他にも数棟見学しましたが、お2人が最も重視したのは、「ワンフロア2戸のゆったりとした住戸設計で、総戸数20戸と規模がコンパクトだったこと」。マンションでありながら戸建て感覚で住まうことができ、住人同士の顔が見える程よいサイズ感も理想的でした。さらに「駐車場が立体ではなく平置きだったこと」も、慌ただしい毎日を送るTさんには大切な要素でした。
 「駅近でこの規模のマンションは、この先なかなか建たないだろう」との判断から、見学後早々に契約を済ませ、今年8月の入居開始まで、首を長くして待ち続けました。ご主人は、「待ち遠しかったですね。長期出張に出たときなどは、沖縄へ帰るたびに建設地に立ち寄って、工事の進ちょくを確かめていました」と懐かしみます。

続きを見る

☆ 間取りを一部変更。インテリア選びで個性を表現

 

 Tさんが選んだのは、11階建てのマンションの中層階にある、南東に開いた4LDKの住戸です。中央に対面キッチンとひと続きになったLDKがあり、正面のバルコニーを向いて右手に洋室2室と和室、左手に主寝室と水回りが配置されています。「バルコニーが広くて開放感があり、朝起きたときから家中が朝日に満たされて、とても気持ちいいですね」とご夫妻は笑顔をのぞかせます。
 間取りは当初の図面から一カ所だけ変更しました。もともと引き戸で仕切られていた洋室2室を、「子どもはもう一人つくる予定。将来は一人に一室、部屋を与えたいので」と完全に壁で間仕切りました。またフローリングは落ち着いた木目調の色柄を選び、それに合わせて建具のデザインも選択。クロスは白を基調にシンプルにまとめ、リビングのテレビ台背面だけは、自ら取り寄せた明るいレンガ調のクロスを施工してもらいました。
 家具や家電は入居日までゆっくりと時間をかけて、好みの商品を買いそろえていきました。「マンションは各スペースのサイズが正確に定まっているので、選びやすかったですね」とご主人。また家の至る所に造り付けの収納が用意されているため、収納家具は必要最低限で済んでいるようです。
 住み始めてから約3カ月。居心地のよさはもちろんのこと、奥さまは「キッチンに立つと家の中全体に目が行き届き、台所仕事をしながらでも絶えず子どもと会話できる点が気に入っています。キッチンスペースも広くて作業しやすいですよ」と使い勝手のよさも実感している様子。ご主人は「周囲に視界を遮る建物がないため眺めがよく、夜景もとてもきれいです。親類や友人を招いてにぎやかに過ごせるような、明るい家にしていきたいですね」と話しています。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社沖建住宅
  • ■ 098-885-8200

こんな家!に戻る >