NEWS

特徴別

かふうWEB > こんな家! > 特徴別 > 家事効率 > シンプルに心地よく。回遊性のある平屋

エコな家

シンプルに心地よく。回遊性のある平屋

閑静な住宅街にたたずむ平坦な敷地を購入し、2年前に平屋の新居を築いたNさん一家。シームレスにつながるパブリックな空間と、最短ルートで周回できる家事動線を、3LDKの間取りの中に凝縮しました。シンプルでコンパクトで機能的。そんな言葉がお似合いの、明るく爽やかな住まいです。

こんな家!

☆ 予算・デザイン・機能性をバランスよく

 白を基調にシンプルなデザインにまとめた、建坪30坪強の平屋の住まい。沖縄市の住宅街で、親子3人で暮らすNさん一家は、築後2年たった今でも新築当時と何ら変わらぬ、清潔感いっぱいの生活を続けています。大きく変わった点は、にぎやかさを増した子ども室と、リビングと和室の屋外に増設したデッキテラスくらい。室内を見渡せば、天井と床の仕上がりラインがまっすぐにつながり、「余計な物を置かない」Nさんのライフスタイルと相まって、伸びやかで開放的な印象が増幅されます。
 Nさんご夫妻が本格的に家づくりに乗り出したのは、新築からさかのぼること4年前。結婚直後から漠然と「いつかはマイホームを」と考えていたところ、奥さまの弟が新居の計画を立て始め、「先を越されてしまうのではないか」と触発されて、ようやく本腰を入れました。
 依頼した建築会社とは、既に相談を進めていた弟を通じて知り合いました。同社の完成見学会を何度か訪ねているうちに、お2人の好みに合った住宅と出合い、「わが家もこんな雰囲気で建てられるなら」と前向きに打ち合わせを開始。予算面を最も懸念していましたが、デザインや機能性とうまく折り合いのとれたプランを提案してもらい、正式にゴーサインを出しました。
 土地も同社からの紹介で購入しました。南西と北西が接道する二面道路の角地で、広さは約70坪。想定していた建物のサイズを考えれば、住居の他に車を2台置けて、適度な庭のスペースも確保できる、ベストの条件が整っていました。

続きを見る

☆ 家中をぐるりと周回できる動線計画

 

 間取りはコンパクトな3LDKで、敷地南東の庭に面して堂々とLDKが横たわり、リビングの隣には和室が連続。「壁を少なく、掃除がしやすいように」とのNさんの要望通り、家族で過ごすパブリックなスペースは、縦横に広がりを感じるシームレスな空間構成になっています。
 キッチン周りのデザイン・動線には、奥さまのこだわりを凝縮しました。キッチンは垂壁やつり戸棚のないフルオープンの対面式で、背面にはカウンターと飾り棚が一つ見えるだけ。食器類はシンクやカウンター下部に納めるほか、子ども室との間に造作した納戸を使用しています。
 その反対側の、西側の扉を開けるとパントリー(食品庫)があり、さらに奥まで進めば水回りがまとめて配置されています。動線はまだまだ続き、洗面室を抜けた先には、主寝室、玄関ホール、そしてリビングと、家中をぐるりと一巡り。生活効率を追求したこうした仕掛けが、毎日の住み心地を高めるスパイスになっています。
 「家が完成するまで、図面を何度も見返して、イメージを膨らませてきました。おかげで住み始めたその日から、違和感なく生活できました」とご主人。一方で奥さまは「引き渡し日が私の誕生日。最高のプレゼントでした」と笑顔。またちょうど年度替わりの時期と重なったため、「新居で気分一新。ワクワク感はひとしおでした」とのことです。
 外構はこの2年間かけてゆっくりと、Nさんご自身で整備を進めてきました。そしてこれからは、いよいよ庭づくりが始まります。「ようやくイメージがつかめてきました」と意気込むご主人。果たしてどんな庭が出来上がるのか、楽しみはまだまだ続きます。

☆ 実用を兼ねた深い庇でシャープな外観を演出

 

予算・デザイン・機能性をバランスよく

 私たちが推薦した土地に対するイメージをもとに、Nさんがご自身でラフ図面をまとめ、それを下敷きに協議を重ねながら、詳細なプランを練り上げていきました。

 Nさんの要望の一つが、家族が集まるリビング周りの空間は、仕切りを設けずオープンにすることでした。そこでLDKと和室は空間の連続性を持たせるために、室内全体の天井高を統一し、床もフラットに仕上げ、廻り縁や幅木などの造作材は省略。庭に面した掃き出し窓は、天井と同じ2・4メートルの高さに設定し、室内建具もフルハイの木製ドアを造作して、開放感を演出しました。
 家事動線を組み立てる際には、キッチンと水回りをコンパクトにつないだ直線上に、納戸とパントリーを一体化して効率的な間取りを構築。さらに主寝室を起点に周回できる動線を考え、水回り動線もここに組み込むことで、空間を無駄なく活用しました。

 外観デザインでは、南西の前面道路に向けて、玄関ポーチと駐車場の屋根を兼ねた、深い庇(ひさし)を延ばすことを提案。実用面では、天候に左右されずに家の中と車の間をスムーズに行き来するのに役立ち、意匠面では、外観の重心がグッと下がるので、シャープな印象を際立たせる効果があります。

 屋根面積を広く取れたことで、当時の県内の住宅ではおそらく先駆け的に、全量買取の対象となる10kW超の太陽光発電システムを搭載しました。元来がシンプルな暮らし方を好むNさんのライフスタイルとの相乗効果で、光熱費の削減や省エネルギーに大きく貢献しているようです。また私たちが標準仕様で採用している、健康自然塗料「リボス」や、排気型24時間セントラル換気システム「グリーンファン」も、Nさんのエコで快適な生活を後押ししています。

建設データ

家族構成:夫婦、子ども1人
所在地:沖縄市
敷地面積:232.60㎡(約70.36坪)
建築面積:112.50㎡(約34.03坪)
延床面積:103.43㎡(約31.29坪)
用途地域:未指定
構造:壁式鉄筋コンクリート造平屋建て
完成時期:2013年3月

設計監理:株式会社りーふ
建築:株式会社りーふ
大工:大城内装
内装:Day・Up
塗装:有限会社トクダ美装プラン
水道:有限会社當山設備

建築・建設会社

  • ■ 株式会社りーふ
  • ■ 宜野湾市伊佐3-3-21
  • ■ 大木 聡
  • ■ 098-988-4540
  • ■ http://leafreef.ti-da.net/ りーふの沖縄住まい日記

こんな家!に戻る >