NEWS

家族構成別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 遊び心満載。潤い豊かな憩いの家

子供部屋の作り方別

遊び心満載。潤い豊かな憩いの家

長年のアパート生活を経て、待望のマイホームを建築したOさんご夫妻。
理想の空間デザインの中に、家族で楽しく暮らすための要素を存分に取り入れた、明るくにぎやかな住まいです。

こんな家!

☆ 家族が集う明るく開放的なLDK

 結婚後、長らく暮らしていたアパートの住み心地の良さに、「ここをプロデュースしている建築会社は、戸建て住宅も手がけている。将来家を建てることができたら、同じ会社にお願いしよう」と考えていたOさんご夫妻。4年ほど前に、ご主人の実家の隣地を運良く使えることになり、さっそく設計担当者を尋ねて相談を開始。
「もともとインテリアや建築が大好きで、家づくりの話が持ち上がる前から、趣味で雑誌の切り抜きなどを集めていました」という奥さまのイメージをもとに、間取り・デザインを組み立てていきました。
 プランニングの要になったのは、「窓が大きく、明るく開放的なリビング」です。家の中央にドンと広くLDKを取り、空間全体が見渡せる位置に対面キッチンを配置。リビングは真南に向かって大開口を設けるとともに、窓の外の床一面には白いタイルを敷き詰め、エレガントな雰囲気に仕立てました。
 もう一つの大きなテーマは、家族とのつながりです。Oさん一家は子どもが3人。検討の結果、一人一人に個室を与えることにしましたが、「どの部屋にもキッチンから目が届き、いつでも顔を合わせられるように」とリビングに隣接して子ども室を並べました。このうち上の男の子2人の部屋は、間仕切り用の可動家具だけ準備して、現在はワンルームにして使用しています。そのため入り口の戸を開け放てば、LDKとの一体感が一段と高まります。

続きを見る

☆ 屋上に巨大壁、ファサードに水盤

 

「家づくりはほとんど妻に任せていました」と笑うご主人ですが、家族で楽しく過ごすための、幾つものユニークなアイデアを提案。例えば十分な広さの庭を確保できなかった代わりに、屋上一面を芝生敷きにして、自由に遊べるプレースペースにしました。さらに「サッカーの練習をしてボールが外へ飛び出しても、近所に迷惑がかからないように」と、実家側の境界に、実際のサッカーゴール並みの高さがある壁を設置。思い切り蹴ったシュートが外れても安心です。
 また前面道路側のファサードには、「壁で覆ってしまうだけではつまらない。目隠しの機能を備えつつ、室内外から見て楽しめる潤いのある空間にしよう」と水盤を設けました。現在は金魚が伸び伸びと泳いでいますが、新築当初は子どもたちがよく水遊びをしていたそうです。
 新居が完成してはや2年余り。隣の実家とはフェンスの扉一枚でつながっているため、ご両親はもとより、おいっ子めいっ子の友だちまでもが自由に行き来する、にぎやかな住まいになりました。これまでの生活を振り返り、お2人は「以前のアパートでも十分満足していたのですが、マイホームではそれ以上に空間的にも精神的にもゆとりが感じられて、生活のステージがワンランク上がった気がします」としみじみ。
 さらに奥さまは「今でも引き続き、インテリアや建築の雑誌などを眺めては、気に入ったものをスクラップしているんです」と笑顔をのぞかせます。新居を構えた喜びの余韻は、年月とともにどんどん広がっているようです。

☆ 確かな設計力・施工力でハード・ソフト両面から家づくりをサポート

 新居のイメージを明確にお持ちだった奥さまと、家族全員で楽しめる暮らしを常に考えていたご主人。そんなお2人の思いをくみ取って、適切に形に表せるように設計を進めていきました。

 敷地は東面が接道し、西側の隣地にご主人の実家が建つ、東西に細長い形状です。間取りを考える上ではまず生活の中心となるLDKを中央に据え、南に大きく開いて通風・採光を確保。テラスに面した掃き出し窓は、標準サイズよりやや幅広のタイプを4枚並べて、開放感を演出しています。またテラス上部には、直射日光と雨をしのげるように庇(ひさし)を延ばしていますが、明るさが損なわれないように、庇にトップライトを設けました。

 子ども室は人数分、LDKとのつながりを意識しながら、リビングと平行して配置しました。引き戸は天井高いっぱいの高さに設定し、埋め込み式の下レールを使用することで、シームレスな視界の広がりを確保。さらにそれぞれの部屋の窓の下枠には、大きめの膳板を付けて腰かけられるようにしたり、女の子の個室にはロフトを設けるなど、使い勝手を高めるためのちょっとした工夫を施しています。

 水回りや寝室の動線設計も、家事効率を最優先に組み立てました。洗面・洗濯スペースやバスルームはキッチンのすぐ裏側、家の北西にまとめて配置。また寝室には簡単なパソコン作業ができる書斎を設けるとともに、ウオークインクロゼットを介して、洗面室との間を通り抜けられるようにしました。

 建具や収納、食器棚などの木部はすべて、私たち池原建設の大工が造り付けたものです。今回のOさん宅に限らず、どの物件でも施主様と直接現場で話し合いながら、要望やイメージに合わせてオーダーメードで製作しています。

建設データ

所在地:読谷村
家族構成:夫婦、子ども3人
設計・施工:株式会社池原建設 ウインズ
      設計担当・喜友名勝志
敷地面積:284.75㎡(約86.00坪)
延床面積:104.59㎡(約31.60坪)
建築面積:111.96㎡(約33.80坪)
用途地域:未指定
構造:鉄筋コンクリート壁式構造 平屋建て
完成時期:2013年3月

建築・建設会社

  • ■ 株式会社池原建設〈企画事業部ウインズ〉
  • ■ 読谷村伊良皆237-1
  • ■ 098-921-5020
  • ■ http://www.ikehara.net/

こんな家!に戻る >