NEWS

家族構成別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦+子ども > こだわりを詰め込んだ青と白の家

趣味スペース

こだわりを詰め込んだ青と白の家

豊見城市の新しい分譲地に建つTさん宅は、青と白に塗り分けた外観が印象的な、爽やかな平屋の住まいです。
こだわりを詰め込んだコンパクトな空間で、家族4人楽しく暮らしています。

こんな家!

☆ シンプルな空間の中で自由に遊ぶ

 Tさんご夫妻が目指したのは、限られた条件の中でも、自分たちらしさを詰め込んだ家。例えば外観のベースカラーは青と白。2人の子ども室は可変式のオープンな空間に。玄関からLDKまでは、廊下を通ってアクセスしたい。そして家の中心のリビングには、ご主人にとって思い出深いサーフボードを飾れるように。お2人はそんな具合に、建坪30坪弱のシンプルな長方形の平屋を、自由にカスタマイズしていきました。
 マイホームを具体的に計画し始めたのは3年ほど前。「下の子が生まれて物が増え、翌々年には長女が小学校に上がる。定住地を決めるなら今だろう」と判断しました。選んだ場所は、ご主人の通勤が便利で、奥さまの実家にも近い分譲地。建売住宅も見て回りましたが、「ボリュームの大きい家が多く、自分たちの生活にはフィットしない」と感じ、注文住宅を検討することにしました。
 依頼先のハウスメーカーとの出会いは、施工業者に勤める友人からの、クチコミがきっかけでした。「同業者の間でも評判が良く、何より施主本位の家づくりが徹底している」と聞き、さっそく事務所を訪問。予算に応じた幾つものプランがあり、要望をくんで柔軟に融通を利かせてくれる姿勢にも好感を覚え、「思い通りの家が建てられそうだ」と決断しました。
 打ち合わせはとてもスムーズでした。現在の間取りは、冒頭に並べたようなTさんの要望をもとに営業担当者が作成した図案がベースになっています。自分たちの思いが見事に表現されていることに納得したお2人は、二つ返事で了承し、ほぼ原案のまま基本設計・実施設計へと移っていきました。

続きを見る

☆ 一つ一つの場所にこだわりを持つ

 

 それではTさんご夫妻のこだわりを、少し詳しく見ていきましょう。まずは色使いで“青と白”が基調になっているのは、海が大好きなご主人のリクエストです。とくに外壁は「同じ青でも落ち着いた色合いにしたい」と色味を細かく指定。入居後にDIYでこしらえた庭の柵も、同系色にそろえたそうです。
 室内ではテレビ背面の壁一面に、ブルーのクロスが貼られています。これは奥さまが「部屋のアクセントカラーに」と選んだもの。またリビングに隣接する和室には、「小さくても絶対にほしかった」という床の間が置かれていますが、ここも壁の色を青にしました。
 一方でキッチン、トイレ、玄関の床タイルは、奥さま主導でピンクを採用。子ども室のクロスは長女と一緒に選んだそうですが、「自分の部屋が持てることをちょうど理解し始めた年頃だったせいか、今でも決して汚さないように大切に使っているんですよ」と思わぬ効果がありました。
 職人のアドバイスを受けながら、現場でアレンジしたものも幾つもあります。例えば和室の収納は、当初は一般的な押し入れの予定でしたが、「より収納力があって使いやすいから」と折れ戸式に変更しました。また持ち込みのペンダント照明をダイニングに設置するために、勾配天井に掘り込みをつくって、垂直になるように調整してくれました。
 新居で暮らし始めて1年半。改めて家づくりを振り返り、「夫婦でつくりあげた家、という実感がありますね」とご主人。リビングのハイサイドライトの下には堂々と、サーフボードが飾られています。掃き出し窓を開ければ芝庭が広がり、室内外をグルグルと走り回る子どもたちの姿が、今では日常の光景になりました。確かな住みごたえを感じる毎日です。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社大成ホーム
  • ■ 098-877-7756

こんな家!に戻る >