NEWS

特徴別

木造

光が踊る木造二世帯住宅

のどかな緑の風景と青空を背景に、スタイリッシュな外観が映えるKさん宅。
コートから舞い込んだ光と風が家中に行き渡る、明るくおおらかな住まいです。

こんな家!

☆ 経済的な負担を抑えつつ、好みのデザインを選択

 ご両親からのラブコールを受けて始まった、Kさんご夫妻の家づくり。「私ももうじき定年を迎える。そうしたら新しく2世帯住宅を建てて、一緒に暮らさないか」。3年前、当時は長女が生まれたばかりで、Kさんは親子3人アパート住まい。今すぐ持ち家を欲していたわけではありませんが、特に断る理由も見当たらず、「将来自分たちだけで家を構えるより、経済的な負担は抑えられるし、親孝行にもなるのなら」と考え、ご両親の提案に乗ることにしました。
 当初は実家の建て替えを計画しましたが、予算が折り合わずにやむなく断念。新天地を求めて中南部一帯を回っていたところ、「利便性が高い人気のエリアから目と鼻の距離にもかかわらず、区画が違うだけで格段に割安だった」という現在の土地と出合いました。
 設計は、新築祝いも兼ねて訪れた知人宅を見て、「あまりの上等さに一目ぼれ」し、同じ建築士を紹介してもらいました。知人の新居を含め過去の作品を調べてみると、シンプルで都会的な意匠の木造住宅が多数。お2人は建物の構造にこだわりはなく、何よりデザインセンスにほれ込んでいたため、おのずと建築士が得意とする木造のプランに落ち着きました。
 約70坪の敷地面積と建ぺい率、必要な駐車スペースを考えれば、2階建てにして1階を親世帯、2階を子世帯に充てることは、ほぼ自動的に決まりました。玄関は上下階でそれぞれ分けて、完全に独立した住居にしました。

続きを見る

☆ 住むほどに使い心地が高まる設計力を実感

 

 新居は昨年3月に着工し、完成したのは同年10月。南北にやや細長い敷地形状に沿って、ホワイトの外壁に囲まれた箱形の家が誕生しました。アルミルーバーを大胆に採用したファサードは、プライバシーを守りつつも視線を適度に吸収してくれるので、閉そく感はありません。
 Kさん世帯の玄関は正面左手。ドアを開けて階段を上がり、水回りと壁面収納の間を縫って廊下を抜けると、20畳以上の広さがあるLDKが現れます。リビングの南側に連続したウッドデッキは、先ほど表から見たルーバーの内側に当たる場所。光と風を家の中に招き入れるコートの役割を果たしています。さらに日中はルーバーの格子越しに、外の景色を見通すことができ、室内の開放感アップにも役立っています。
 間取りはシンプルな2LDKですが、「子ども室は絶対にキッチン側に置いたほうがいいと教えてくれたり、場所ごとに適切な採光計画を考えてくれたり、建築士さんの提案通りにして良かったと実感することが多いですね」と奥さま。またご主人は「予算の都合上、仕事部屋は断念したのですが、気付いたらダイニングの横に書斎用のスペースができていました」と笑顔。そんなサプライズな計らいを受け、完成後はDIYで自分好みに、カウンターや棚を造り付けました。
 着工中に長男の妊娠が判明し、「子ども室を可変式にしておいて良かった」という幸運にも恵まれました。新築後、お2人から見て「私たち以上に喜んでいる」というご両親と、一段とやんちゃぶりを増した長女の“老幼パワー”で、2世帯3世代家族6人、明るくにぎやかな暮らしを楽しんでいます。

建築・建設会社

  • ■ 一級建築士事務所アトリエカレッツァ
  • ■ 098-869-2037

こんな家!に戻る >