NEWS

家族構成別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 光と風がそよぐ丘上の平屋

こだわりのスペース

光と風がそよぐ丘上の平屋

南城市の見晴らしの良い高台に建つHさん宅は2年前に完成。
ウッドデッキや中庭を巧みに用いながら、恵まれた土地の魅力を漏らさずプランに取り込んだ、心地の良い住まいです。

こんな家!

☆ 建物を敷地形状に合わせて土地を有効活用

 日当たり良し、風通し良し、眺め良し。丘上の住宅好適地に建つHさん宅は、南面にパノラマ窓が連続した、開放的な平屋の住まいです。LDKの外にはウッドデッキと芝庭が段々状に連なり、見渡すほどに景色が上下に開けて、視線が気持ちよく伸びていきます。
「希望のエリア一帯を主人が丹念に探し歩いて、この土地を見つけてくれました。他にも2つほど候補地があったのですが、最も日当たりが良かったので」と奥さま。膝の上には今年4歳を迎えた長男がちょこんと座り、澄まし顔。充電が終われば膝元を離れて、家の端から端まで、子ども室と主寝室の間を元気いっぱいに駆け回り、晴れた日は、はだしでウッドデッキへ飛び出して、マイホームならではの醍醐味を満喫しています。
 Hさんが家づくりを始めたのは4年前。「住宅ローンの一般的な返済期間を考えると、家を建てるなら本気で検討すべき年齢に差し掛かったこと、そしてこの子が生まれたことが、直接的なきっかけになりました」とご主人。設計は以前から、「長い付き合いがあり、全幅の信頼を置いていた」という建築士に依頼しようと決めており、土地の選定を終えるとさっそく相談を始めました。
 好条件に恵まれた土地でしたが、一つだけ課題がありました。北東の一端だけが奥に突き出た台形状だったため、Hさんが当初イメージしていた「外人住宅のような、シンプルな箱形の家」では、どうしても敷地に余分なスペースが生まれてしまいます。そこで建築士と協議した結果、建物形状を北東の敷地ラインに沿わせて正面を南東に向けた、現在の形になりました。また敷地は100坪以上の広さがありますが、「将来夫婦2人の生活になっても持てあまさないように」と、建物は適度なサイズに設定しました。

続きを見る

☆ ウッドデッキと中庭で、快適な住み心地を実現

 

 間取りはキッチンを基点に組み立てていきました。外の景色と家全体の様子を眺められる絶好のポジションにキッチンを据え、正面に家族団らんの場であるダイニングとリビングを配置。リビングに隣り合うゲストスペースは、デザイン性より使いやすさを重視して畳間にし、子ども室と主寝室は家の両脇にそれぞれ振り分けました。
 屋外に広がるウッドデッキは、もともと計画していた腰掛け程度の縁側を、芝庭との境界まで目いっぱい拡張して、アウトドアリビングに仕立てたものです。「素足のまま気軽に室内と行き来できるし、息子もおもちゃを思い切り広げて遊んだりと、とても重宝しています」とお2人は笑顔。さらに「敷地と建物の向きは若干ずれているのですが、デッキがあるおかげで、室内からの視線が、デッキ、芝庭、敷地外へとスムーズに流れていきます。隣家の存在がほとんど気になりません」とのこと。開放感を増幅する視覚的な効果もあります。
 そしてHさん宅の居心地を高める上で、大きな役割を果たしているのが、家のほぼ中央に置かれた中庭です。当初はキッチンの明るさを確保するためにトップライトの導入を検討しましたが、建築士の提案を受け、三方を掃き出し窓で囲まれた中庭をLDKの一角に設置しました。「窓を開ければいつでも風が抜けて、本当に涼しいですよ。真夏でも冷房をつけずに過ごす日が多いですね」とご主人。また採光効果は日中に限らず夜まで続き、「月明かりが落ちると、照明がなくても歩けるくらいの明るさがあります」
 暑さが和らぎ、秋の夜長が深まるにつれ、家族で憩う穏やかな時間が増えていくことでしょう。

建築・建設会社

  • ■ 盛建築設計
  • ■ 098-887-6133

こんな家!に戻る >