NEWS

家族構成別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦+子ども > 空間を一体化させて広く見える家

小さな家

空間を一体化させて広く見える家

念願の場所に土地を取得することができたHさん。周囲の環境を見極めて、プライバシーを守りながらも開放的に暮らせる住まいを完成させました。どこにいても家族の気配が感じられる家で、大人も子どもも伸び伸びと暮らしています。

こんな家!

☆ 2階に広いリビングを

 結婚後、家族で暮らす場所として職場へのアクセスのよい住宅地を選んだHさん。その地域にあるアパートで暮らしながら、近辺に土地を探していました。「この辺は人気で、全然売地が出なかった。それが3年前、たまたまネットで見つけて、すぐに飛びつきました。敷地は40坪に満たないし、周りを住宅に囲まれていましたが、隣が平屋だったので、工夫すれば風や光を取り入れた、明るい家が造れると思いました」と振り返ります。
 Hさんは学生時代に、建築事務所で模型づくりのアルバイトをした経験があり、当時、冗談半分で「将来家を建てるときはお願いします」と話していました。そこで、その建築事務所に連絡を取り、まずは土地を見てもらったところ、建築士もHさんと同意見だったため、購入を決意。すでに、そのとき、Hさんの中で、建てる家のイメージは決まっていたそうです。それは「『広く見える家』です。3階建てにして、1階は駐車場もあるし、リビングは広くしたいので2階に置く。そして平屋のある方から、風と光が入るようにする」というもの。そのイメージを伝えるために、自ら模型を作り、建築士に見てもらったところ、「予算内では無理」との現実が突きつけられることに。とはいえ、建築士はHさんのイメージを十分にくみ取り、基本プランはそのままに予算内で収まるようなプランを考えてくれました。
 また、家づくりの時期がHさんの生まれ年だったため、親類の方から「生まれ年に家を建ててはいけない」という言い伝えを教えられ、工事着工を延ばすことに。すると「金利がだいぶ下がって、予算に合わせるために削ったプランをいくつか復活させることができました」とよいこともありました。

続きを見る

☆ 風が抜ける、すのこのバルコニー

 

 白い外観がさわやかなHさんの家。通りからの目隠しに、玄関前にコンクリートのヒンプンがあります。どっしりした構えの木製ドアを開けると、土間空間があり、そこから階段が2階に延びています。階段の隣は寝室です。
 「土間空間は多目的に使えて便利だと思ったので、広く取ってもらいました。台風の時、外のものをここに収納できて助かりました。子どもたちが汚れて帰ってきたとき、すぐに使えるように奥にトイレとシャワーもあります」とHさん。
 パブリックスペースは2階にあり、吹き抜けのLDKが広々とした印象です。平屋の隣家側にはデッキのバルコニーを設け開放的に。相対する通り側はプライバシー確保のため、壁で覆われていますが、キッチンとの間にすのこ状のバルコニーを設けることで、風が抜けるように工夫されています。キッチンの頭上は、ロフト風の子どもスペースです。
 室内はシンプルに白と柔らかな色調の木の色でまとめています。キッチンはオーダーで、「ステンレス製のシンクの色に白があると知って、白を選びました。キッチンの天板は人工大理石で、火ヌ神の台も同じ素材で揃えてくれました」と満足げな奥さま。
 プラン作りの段階で、一番悩んだのは3階の子どもスペースへの上がり方でしたが、造り付けのテーブルの延長のように始まるというユニークなものに落ち着きました。そのテーブルの下に収まるかたちで作られた二つの収納箱は表面に1枚の畳がはめられ、ベンチにもベッドにも使えるようになっています。この畳椅子は奥さまのリクエストから生まれたもので、「壁際のテーブルが私のスペースで、パソコンを置いています。眠くなったら、この畳椅子でお昼寝です」とにっこり。
「どこにいても家族の気配を感じることができて、気に入っています」とHさん。念願通りの「広く見える家」で、風と光を感じながら、家族の時間を大切に暮らしています。

☆ 風が入るところと抜けるところのバランスを取り、住みよい環境をつくる

 

 Hさんは最初からすでに基本的なプランを持っていたので、それを調整していくかたちになりました。

 都心の住宅地では外からの視線を気にして、完全に閉じた住宅になりがちです。でも閉じてばかりだと、風が抜けずに生活しづらい環境ができてしまいます。開くところと閉じるところ、風が入るところと抜けるところ、その辺のバランスを取るようにしました。
 
 Hさんの場合は両サイドの建物は高くとも、敷地正面の南側の建物は平屋だったので、条件としては悪くないと思いました。平屋側にデッキと大開口を配し、そこから十分な風と光を取り込めるとして、抜けるところも必要です。道路側には視線を遮るための壁がありますが、キッチンとの間に隙間を作って、床をすのこ状にすることで、上と下に風が抜けるようにしました。

 家づくりでは多目的に使える場所として、土間空間をよく提案しています。家の中に内のような外のような、汚してもいい空間があると、自由に使えて便利だし、楽です。玄関の土間空間を広げるかたちにすれば、もたつくことなく、お客さんを自然に招き入れることができます。

 地区計画の条件で勾配屋根が定められていて、天井高が高くなった部分をロフト的に使いたい、という話でしたので、そこを子どもスペースにしました。今回、その子どもスペースの床にスチールの梁を使って、すっきりと、圧迫感がないようにしました。その延長で手すりもスチールにしています。

 キッチンはリビングにいる人と目線があうように、少し床を下げています。階段と一体となったロングカウンターは、奥さんのスペースとして作りました。その天板(米ヒバ材)とキッチン天板(白)が出合う部分が違和感なくつながるように気を付けました。

 敷地自体があまり大きくなく、限られたスペースの中で作る場合は、狭く感じないようにどうやって空間を一体化させていくか、ということを考えて計画しています。Hさんの家では、水回りをコンパクトにまとめて、他の部分を1階から3階まで流動的に奥へと広がっていくようにつなげて、行き止まり感がでないようにしました。

 空気がまわるように、リビングの天井にはシーリングファンを取り付けています。吹き抜けの空間を作るときに悩むのは、エアコンの冷気をどう逃がさないようにするかです。Hさんの家では、リビングと階段の間にカーテンが引けるようにしました。カーテンのあるなしで、エアコンの効き目がだいぶ違ってきます。

建設データ

家族構成:夫婦、子ども2人
所在地 :那覇市
設  計:アトリエ・ネロ
敷地面積:125.61㎡(約38.0坪)
建築面積:62.36㎡ (約18.9坪)
延床面積:127.26㎡(約38.5坪)
構  造:鉄筋コンクリート造ラーメン構造
構造設計:(有)ジュンアソシエイツ
用途地域:第一種低層住居専用地域
完成時期:2016年4月
建  築:(有)匠建
電  気:松島電気工事
水  道:(有)龍設備
キッチン:(有)モブ
ガ  ス:沖縄ガス(株)
玄関扉 :まっくる屋工房

建築・建設会社

  • ■ アトリエ・ネロ
  • ■ 南風原町金城644-10
  • ■ 根路銘安史・水上浩一
  • ■ 098-889-0103
  • ■ http://www.a-nero.com

こんな家!に戻る >