NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 新春の光に満ちたリビングで憩う2世帯住宅

こだわりのスペース

新春の光に満ちたリビングで憩う2世帯住宅

本島南部の新しく開けた住宅街に、上下分離型の2世帯住宅を新築したKさんご夫妻。 1階親世帯の上階に、2層吹き抜けの広々としたリビングを擁する子世帯を設置。 団らんを最優先した間取りで北欧色に彩られた室内は、開放的で居心地がよく、いつでも家族の笑顔であふれています。

こんな家!

☆ 敷地面積が限られた住宅密集地。吹き抜けで上に開いて開放感を高める

お気に入りの瞬間は、玄関から階段を上がって2階リビングへ出たときの、開放感と安心感。吹き抜けで3階までつながったボリュームの大きな空間に、南側テラスから差し込んだ光がいっぱいに広がり、白を基調にしたインテリアを際立たせています。一方ではリビングを中心に、キッチン、主寝室、プレイルームをぐるりと配置したことで、「他の居室に包まれたような“おこもり感”があって、広さの割にはとても落ち着いた雰囲気に仕上がっているんですよ」とご主人。間取りを見渡せば、常に家族の気配が感じられように各空間はつながりを保ち、家事動線もキッチンを基点にコンパクトにまとめられ、小さい子どもを抱える共働き夫婦に便利な構成になっています。
Kさんご夫妻が家づくりの検討を始めたのは3年ほど前。ご主人の両親との2世帯住宅を建てる計画で、新興の住宅街にある約57坪の土地を購入しました。「4台分の駐車場が必要なことを踏まえると、平屋では居住スペースが限られてしまう。2階建てにして、上下階で親子世帯が分離したプランにするのがいいだろう」。そう考えたご夫妻は、理想の住宅像や間取りを細かくまとめた「要望書」を作成し、設計事務所や建築会社を訪問。依頼の決め手になったのは、ただ一社から提案を受けた「2層吹き抜けのリビングがあるプラン」でした。
 
「私たち子世帯の開放感を高めるために、どこかにロフトを設けたいとは伝えていましたが、こうした解決策があったなんて。また想像以上に、要望をくまなく形にしてくれたセンスのよさにも好感を覚えました」。

続きを見る

☆ 内装は北欧スタイルで統一。ワンポイントでシャビーシックなイメージを導入

 

家づくりは夫婦の共同作業。上手に役割を分担して、大枠の建築的な要素はご主人が主導して進め、内装デザインは奥さまが中心になって選定しました。 2階リビングを取り巻く居室の割り振りは、吹き抜けに面した3階に子ども室を2部屋並べ、キッチン隣に主寝室、リビングに併設して多目的に使えるプレイルームを設置。現在はまだ2階のワンフロアだけで生活が完結しており、3階の一室はご主人の趣味室として、プレイルームは文字通りに子どもたちの遊び場として、それぞれ活用しています。また1階の親世帯は、両親から一任を受けたご主人が子世帯と一緒に計画をまとめ、2階とほぼ同じレイアウトに落ち着きました。  

 奥さまがセレクトしたインテリアの特色は、シンプルな北欧スタイル。ベースカラーの白い空間に溶け込むように、フローリングはナチュラルな風合いの床材を選び、子ども室や主寝室の壁の色に変化をつけて、アクセントを添えました。さらにワンポイントで、「私好みのシャビーシックなイメージと、シンプルなデザインが好きな主人の意向を折衷したデザインも盛り込んでみました」とのこと。トイレのタイル使いやキッチン背面の収納などに、その趣が表れています。

「建築中は頻繁に現場に足を運び、毎日ワクワクしっぱなしでした」という待望の新居は、今年2月に完成。住み始めた当初から生活になじみ、「すべてが思い通りの仕上がりで、住み心地も大満足です」。もう幾日もすれば、新居で迎える初めてのお正月。親子3世代で一緒に過ごす、思い出深い新年になることでしょう。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社徳里産業
  • ■ 098-956-0789(本社) 098-996-4650(那覇支店)

こんな家!に戻る >