NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 青空に映えるシンプルな白い家

夫婦+子ども

青空に映えるシンプルな白い家

東シナ海が一望できる場所に建つMさん宅は、夫婦と2人のお子さまの4人暮らし。動線や建具を活用して公私を明確に分け、奥さまが営むエステルームもつくりました。デザイン性と機能性を両立させた、快適に過ごせる住まいです。

こんな家!

☆ 第二子の妊娠を機に家づくりをスタートさせる

 結婚当初から、ご主人の実家に同居してマイホーム資金を貯めていたというMさん夫妻。そんな2人が家づくりに踏み出したのは、第二子の妊娠がきっかけでした。  「家族が増えると実家が手狭になるので、思い切って新居を構えることにしました」と言います。そして、実家の土地の一部を譲り受け、マイホームの設計はご主人のお姉さまが勤める設計事務所に依頼しました。  「完成見学会で拝見した家の設計が、デザイン性と暮らしやすさを両立させていることが素人目にも分かりました。身内の勤務先であることを差し引いても、いい家を設計してくれると確信しました」と、ご主人は振り返ります。  Mさん宅は、その完成見学会で見た住宅をベースに計画。内外装共に白を基調にしてシンプルモダンな雰囲気をつくり出すことや、エステティシャンの奥さまがいつでも開業できるスペースを確保すること、ロフト付きの子ども室などを要望として挙げたそうです。  「木部の色やカウンターテーブルの寸法などの細部を決める際も、建築士さんが『どんなふうに使いたいか』とうまく聞き出してくれたので、スムーズに進みました」と、奥さまは打ち合わせを重ねるごとに、“わが家らしさ”が見えて楽しかったと話します。

続きを見る

☆ 居室同士をつなげて便利な生活動線を実現

 

 Mさん宅はLDKを中心に、寝室や子ども室、エステルーム、水回りなどを配した平屋建て。空と海のブルーに映える白で統一した、モダンな外観が印象的です。  玄関から直接出入りできる場所にエステルームを配置。お客さまがゆったりくつろげるよう、地窓や間接照明を設置して落ち着いた雰囲気をつくり出しています。  家族団らんのスペースであるLDKは、約4メートルの天井高を確保。庭に面する南側に設けた大きな開口部とハイサイドライトからの光と風が心地良く、屋外にいるような開放感に包まれます。  また、キッチンの後方には、通り抜けできるクロゼットを配置して寝室と水回りをつなげ、来客時でも気兼ねなく身支度するのに便利な動線として活用。さらに、対面型キッチンを軸にした回遊動線も確保されているので、料理や後片付けがスムーズにこなせます。

☆ 趣味に没頭できる空間づくり

 

 「生活感が表に出ないよう、収納スペースもたっぷりつくってもらいました。新居には収納家具は全く持ち込んでいません」と奥さま。  Mさん宅の完成から半年の間に、駐車スペースには鉄骨造の車庫が新たにつくられました。 「これは父と私が一緒に建てました。今は車庫の一角に倉庫兼作業場を施工中。ここでバイクの整備ができるようにしたいですね」と、ご主人は楽しみながら趣味に没頭できる空間づくりに取り組んでいます。

☆ 来客用の動線を設け、いつも家族がくつろげる住まいに

 Mさんが気に入ってくれたという、完成見学会を実施した住宅のプランをベースに、家族と来客それぞれのプライバシーが守れる住まいを目指して計画しました。
 建物は、ほぼ正方形とし、デッドスペースになりがちな廊下をなくして居室を接続。建物の中心にあるLDKや子ども室の天井を高くしたり、家事の効率化を図るための回遊動線に配慮して、開放的かつ機能的な住環境をつくり出しました。
 エステルームには、お客さま専用の出入り口を設けたほか、LDKや水回りなどの居住スペースとの間に、180センチ幅の大きな建具を設置しました。建具を閉めれば、生活空間とエステルームは完全に切り離せ、開ければ両者が一体となった25畳ほどの大空間が生まれます。
 LDKの東・北・南側のハイサイドライトは、手元のハンドルで開閉できるタイプの窓とFIX窓とを組み合わせて、自然な光と風が取り込めるようにしています。また、外からの視線を遮りながら、ほどよい明るさを確保するため、エステルームには地窓を設置。洗面室やキッチンはトップライトで採光しています。なお、子ども室と寝室は、窓から海が見えるように、隣家のブロック塀の高さを考慮して横長の窓を設置しました。
 収納は、施主と綿密な打ち合わせを行った上で、しまう物の大きさや使用頻度なども考慮して計画しました。設計の段階で決めた「物の定位置」をMさんが守ってくれているので、いつ訪れても、家の中はきちんと整理整頓されています。その様子を見るたびに、設計者としての喜びを感じます。
 車庫は、施主とお父さまが自ら手がける二期工事でしたが、作業効率を考えて計画しました。例えば、駐車スペースの施工の際に鉄骨の柱を立てる場所を確保したり、庭と駐車スペースの両側から使える場所に、散水栓と照明を設置しました。倉庫兼作業場の完成予定は今年の夏頃とのこと。趣味の時間も快適に過ごしていただけると思います。

建設データ

家族構成:夫婦、子ども2人
所在地:読谷村
設  計:久友設計株式会社
敷地面積:245.18㎡(74.16坪)
建築面積:102.73㎡(31.07坪)
延床面積:88.72㎡(26.83坪)
用途地域:未指定地域
構  造:鉄筋コンクリート造壁式構造
完成時期:2014年11月
施工業者
●建築/株式会社大成ホーム
●電気/有限会社糸洲電気工事社
●水道/有限会社山商
●キッチン/パナソニック株式会社

建築・建設会社

  • ■ 久友設計株式会社
  • ■ うるま市赤道359-1
  • ■ 久田友一
  • ■ 098-974-4327
  • ■ http://www.hisatomo-p.com/

こんな家!に戻る >