NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 南側に開いたモダンな家

夫婦+子ども

南側に開いたモダンな家

家族だんらんの場となるLDKを中心に家づくりを進めていった井上さん夫妻。
機能性はもちろん、デザイン性にもこだわり、室内外ともにモダンに決めています。

こんな家!

☆ キッチンとリビングを広く

いつか家を持つことを夢見て、時間を見つけてはモデルハウスや完成見学会に通っていた井上さん夫婦。結婚後、奥さまの実家近くのアパートで暮らしていましたが、実家に隣接する土地をわけてもらえることになっていました。ある日、目にしたモデルハウスに夫婦そろって一目ぼれ。「この家を建てた建築士さんに、家を造ってもらいたい」と強く思ったことから、二人の家づくりが始まりました。「家を造るならキッチンとリビングは広く、というのが私たちの考えでしたが、その家がまさにそうでした。あとで女性の建築士さんだとわかったのですが、間接照明や収納などへのこだわりに、どことなく女性らしさが感じられて、そこに魅かれたのかな」と奥さまは振り返ります。
 井上さんはデザイン性へのこだわりも強く、「生活感を出したくなかったので、収納をたっぷりとってもらいました。また、リビングにハイサイドライトが欲しくて屋根を上げていますが、ダイニングやキッチン部分と段差が出来てしまうのが嫌で、屋根に傾斜を付けることにしました。見学会の体験からヒントをもらって、家づくりに生かしたことは多いのですが、外観もその一つで、モダンな感じにしたかった」と話します。
 また、細部に目を配り、給湯器(エコキュート)やクーラーの室外機の置き場所も、設計の段階で確保。例えば外壁の一部に、給湯器のサイズに合わせて凹みを設けたり、室外機の置き場所の上に、雨除けのひさしを設けたり。照明も間接照明やダウンライトを巧みに取り入れて、おしゃれな空間づくりを目指しました。

続きを見る

☆ IHキッチンで家事が快適に

 

井上さんの家は白のコンクリート平屋で、前面の駐車場にTの字のような形で家の屋根をつきださせた動きのあるデザインが印象的です。
 間取りはシンプルに、通りに面した西側に水回りを配し、中央にLDKと和室、奥に寝室と子ども室2つを配置。室内に光と風を取り入れるため、和室とリビング、寝室に囲まれて、中庭があります。家族だんらんの場となるLDKは約15坪と広く、リビング側の天井を高くしたことで、より開放感にあふれています。
「道路側に窓を造ると、外から丸見えになってしまうのが嫌でした。それに西側でもあるので、西日を避けるためにも、道路側には開口を造らないことにしました。LDKは家族が集まる大切な場所なので、居心地の良さにはこだわりました。中庭もありますが、もっと自然光を取り入れたくて、東側にコの字型のハイサイドライトを造りました」と井上さん。
 室内外ともに白を基調色にコーディネートされていますが、一部に色味や質感の異なる壁材(エコカラット)を組み合わせて、空間をおしゃれに演出しています。この壁材は調湿効果や空気清浄力など、機能的にも優れているとのこと。
 収納をたっぷり設け、ものをなるべく表に出さない生活を心がけていて、「うちに来た方から『モデルハウスみたい』と言われたときは嬉しかったですね」と井上さん。
 また、オール電化にしたことで、アパート暮らしに比べて、光熱費がかなり安くなっただけでなく、奥さまの家事も楽になりました。「以前は、毎日ガスコンロの五徳を外して洗っていましたが、IHだとさっと拭くだけできれいになるので、本当に助かっています。それに調理中も熱くならないから快適です」と奥さまも嬉しそうです。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社 丸善組
  • ■ 098-964-2590

こんな家!に戻る >