NEWS

新築・中古・リノベ

かふうWEB > こんな家! > 特徴別 > こだわりのスペース > 手塩にかけて築いたライトグリーンの家

こだわりのスペース

手塩にかけて築いたライトグリーンの家

施主のSさんは、プランニングから施工まで全工程に密に関わり、思い描いた通りの新居を築きました。横長の一見シンプルな形状でありながら、独特の存在感を放つライトグリーンの外観。新居は、実家と同じ敷地内に築いた建坪30坪弱の平屋です。

こんな家!

☆ 仕事上の知識を生かして図面を作成

「5年ぶりに実家で暮らし始めて約1年。老朽化が進み、小手先の修繕では長く持たないだろう」と判断したことが、家づくりの直接的なきっかけでした。それに加えて「もともと家を建てるなら、子どもがまだ小さくてお金がかからないうちに、と考えていました」と振り返ります。  Sさんの仕事は電気水道設備業です。図面の読み描きや建築士とのやり取りは日常茶飯事とあって、希望の間取りや仕様をまとめると、プロと同等の詳細な図面を自ら作成しました。あとは古くから付き合いがあり、全幅の信頼を置く工務店に依頼して、申請用に微調整してもらいました。  新居は約300坪ある広大な敷地を生かし、真南を正面にして堂々と配置。「間取りはあまり細かく考えなかった」とはいうものの、床の間と仏壇のある和室が南東に連続し、和室の北側に母親の個室を、家の北西に水回りをまとめたレイアウトは、伝統的な沖縄家屋の特徴そのものです。また採光・通風にはもともと恵まれた環境ですが、「入り口と出口があれば風が抜けるから」と、各室に最低2カ所は窓を設けるなど、住み心地を考えた細やかな工夫がうかがえます。

続きを見る

☆ こだわりの照明・水回りプラン

 

 新築工事にはもちろん、Sさんご自身も参加しました。「仕事の合間を縫っての作業だったので、通常より工期が長くなってしまいました。でも自分の家を自分で手がけられたことは、最高の思い出ですね」と感慨もひとしおです。  電気・水回りはさすが本職とあって、使い勝手にもデザインにも、こだわりがよく表れています。例えば外構、玄関、トイレなどの照明は、夜間に人が通ったときだけ明るく点灯する人感センサーを搭載。省エネ・節電に役立つだけではなく、スイッチを探す手間が省け、夜中でも安心して移動できます。  洗面脱衣室とトイレの壁、天井は、水はねや湿気の影響が気になる場所ですが、「木の雰囲気を取り入れたい」というSさんの意向を優先し、杉板で仕上げました。室内の床は和室以外、チーク材のフローリングのため、隣接するダイニングキッチンや廊下との一体感が生まれ、より広々と感じられます。

☆ 70インチのテレビボードを造り付けたリビング

 こだわりといえばもう一つ、和室リビングに設置した棚は、「70インチのテレビが収まるように」と造り付けたもの。棚の背面には将来を見据えて、光回線を引き込んであります。  エクステリアは急がずゆっくりと、DIYで仕上げることにしました。引き渡し時には、家の西側に大きく横たわるウッドデッキだけが完成。現在は友人知人を招いてバーベキューを楽しんだり、「天気が良い日は料理を運んで、家族で食卓を囲むこともあります」と大活躍のようです。  新築後に進めていた外構のブロック積みも、最近ようやくひと段落。今後は「芝庭を育てたい」と意気込んでいます。

 こだわりといえばもう一つ、和室リビングに設置した棚は、「70インチのテレビが収まるように」と造り付けたもの。棚の背面には将来を見据えて、光回線を引き込んであります。  エクステリアは急がずゆっくりと、DIYで仕上げることにしました。引き渡し時には、家の西側に大きく横たわるウッドデッキだけが完成。現在は友人知人を招いてバーベキューを楽しんだり、「天気が良い日は料理を運んで、家族で食卓を囲むこともあります」と大活躍のようです。  新築後に進めていた外構のブロック積みも、最近ようやくひと段落。今後は「芝庭を育てたい」と意気込んでいます。

建築・建設会社

  • ■ 有限会社平山工務店
  • ■ 0980-56-3423

こんな家!に戻る >