NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 暮らしを自在にコーディネート。彩り豊かな職住近接の家

夫婦+子ども

暮らしを自在にコーディネート。彩り豊かな職住近接の家

先月から「月刊」でお届けしているTさん一家の家づくりストーリー。
父親から譲り受けた190坪弱の敷地内に、3きょうだい3家族が、それぞれにこだわり抜いた個性的な新居を築きました。
今月は自宅2階でエステサロンを営む次男邸の紹介です。

こんな家!

☆ 住宅・エステの切り替えがスムーズな無駄のないプランニング

Tさんファミリーの次男ご夫妻が目指したのは、「小さな子どもが3人いるとは思えないような、大好きなインテリアに囲まれた家」。今年1月に完成した新居をのぞいてみると、とりわけ1階の生活フロアには、小物類を飾るオープンな展示スペースが随所に配置されており、「子どもの手が届かないように」とか、「危なくないように」などと守勢に回った気配はみじんも感じられません。「どこを見ても、いちいちかわいらしい家にしたかったんです」と奥さまが話すように、白と黒で構成されたモノトーンな空間の中に、植栽や雑貨、子どもたちの記念の品々が、実にセンスよくちりばめられています。
間取りは前回紹介した長男宅と同じ、2階建ての4LDKです。1階にLDKと和室、2階に主寝室と2つの子ども室があり、大きく異なる点は、子ども室が可変式ではなく、あらかじめ仕切られていること。現在は「子どもがまだ小さいから」と和室を寝室代わりにして1階だけで生活し、2階はフロア全体が、奥さまが営むエステサロンになっています。
 エステでは住宅用途の部屋を代用しているだけなので、子どもたちの成長につれて個室が必要になったり、エステを別の場所で営業することになったりしたときにはすぐ本来の使い方に切り替えることができます。施術室(主寝室)内のパウダールームは、住宅になった場合もメークスペースとして利用でき、スタッフの控室になっている空間は、もともとウォークインクローゼットとしてつくられたスペースです。またエステ専用の外階段は、「住宅の玄関と分けたほうが、お客様も気兼ねく利用できるだろう」と、大工でもあるご主人が入居後に施工しました。

続きを見る

☆ 敷地東面のウッドデッキとLDKをつなげて空間の広がりを演出

 

私生活の中心である1階フロアは、デザイン性もさることながら、空間の広がりを最優先。3世帯のうち敷地最東部を選んだメリットを生かし、「光と風をふんだんに取り込めるように」と東面の境界に沿ってウッドデッキを置き、そこから西側に向かってリビングダイニングと対面キッチンを配置。室内から見ると、リビングの掃き出し窓を介してデッキまで自然と視線が流れ、室内外が連続しているような広がりが感じられます。

 家事・子育てのしやすさを考えた水回り動線も大きなポイントです。「開放的で、とにかく明るくしたかった」というキッチンは、フロア全体をぐるりと見渡せるとともに、右手の壁に横長の窓を設けて十分な採光を確保。一方で左手に進めば、トイレ、洗面室、バスルームへとつながるルートがあり、洗面室手前の勝手口を開ければ、トップライトとアルミルーバーで囲まれた半屋外の物干し場へと出られます。
 好みのインテリアコーディネートを楽しみつつ、創作意欲旺盛な子どもたちの作品をどんと受け入れられるのは、ベースカラーの白と黒のバランス加減が絶妙だからこそ。和室と玄関にランダムに配置された小窓からは、日が落ちると照明の光が外にこぼれ、外観が温かな雰囲気に包まれます。この後のお楽しみは、新居で初めて迎えるクリスマス。「一年中クリスマスの飾り付けをしていたいくらい大好きなんです」という奥さまが、ご主人と子どもたちと一緒にどこまですてきなイルミネーションを完成させるのか、12月はそのおすそ分けにぜひあずかりたいものです。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社 福地組
  • ■ 098-956-1437

こんな家!に戻る >