NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > ヒンプンがシンボル。光庭のある家

夫婦+子ども

ヒンプンがシンボル。光庭のある家

実家の近くの開けた場所に、家を建てたM夫妻。
日中は光窓やハイサドライトから、自然光を上手に取り入れ、夜は調光式の間接照明で
明かりの演出を楽しむなど、表情豊かな空間での暮らしを楽しんでいます。

こんな家!

☆ モダンなイメージの家

「子どもが大きくなる前に、家を造りたい」と思っていたというM夫妻。実家の近くに土地を探すうちに、ネット検索で「広さもあるし、形もきれいな四角で、実家にも近い」と、理想的な土地を見つけることができました。
 完成見学会にもよく出かけていましたが、たまたま土地を取得したころに参加した見学会が「建物はもちろん、営業担当者の印象もよかった」と好印象だったことから、その会社に家づくりをお願いすることにしました。
 主な依頼内容は、「コンクリートの平屋建てで、モダンなイメージにしたい。間取り的にはLDK、水回り、主寝室と子ども室を二つ、そして和室は絶対欲しい」というもので、沖縄の昔ながらの民家にならい、「玄関は南、水回りは西、和室は玄関より東側に置きたい」と位置にもこだわりました。そうして描いてもらったプランには「ヒンプンが描かれていて、それがとても気に入って、私たちの家のシンボル的なものにしよう、と思いました」と奥さまは振り返ります。

 また、これから家族が増えることを想定し、大小二つの子ども室を作り、大きい方の部屋は仕切って使えるタイプにしてもらうことにしました。
 打ち合わせを重ねるなかで、「洗面室の近くに普段使う下着や衣類を置くスペースがあれば、動線もスムーズだし、片づけも楽になるのでは」という発想が生まれ、浴室と洗面室の間に3・3帖のファミリールーム(ウォークインクローゼット)を設けることになりました。

続きを見る

☆ 光窓で明るく、見通しよく

 

Mさんの家は白を基調に、一部外構にグレイと黒が取り入れられた、モダンな佇まいです。前面の空き地もMさんの地所で、長いアプローチの先にあるコンクリート打ちっ放しのヒンプンが、通りに相対した玄関の目隠しになっています。

 南向きの家の西側に玄関と寝室、水回りを設け、中央に吹き抜けのLDK、東側に和室と子ども室が二つあります。
 家の中央にある部屋は暗くなりがちですが、寝室と廊下の間に中庭を設けたことで、「外からは全く見えないけれど、十分光が入って明るい、とても気に入っています」とMさん。この中庭は四角形ではなく、廊下との出入口部分の端を折ったような変形になっています。そのため「キッチンからの見通しがよく、寝室の子どもたちの様子がわかります。もう起きたかなとか、目があったら、意思の疎通もできるし」と、奥さまも満足そうです。
 LDKの南西と北東の角にL字型に取り入れたハイサイドライトも、部屋を明るくする工夫の一つで、これは、「義妹の新築の家にあって、ああ、明るくていいな、と思ったので、最初にお願いしました」とMさん。
 照明は埋め込み式のダウンライトがメインですが、LDKに2か所、調光式の間接照明を設けたところ、「子どもたちが眠ったら、明かりを弱くしたり、調整できるのはいいですね。とても気に入っています」と嬉しそうに話す奥さま。

 この家での暮らしは始まったばかり。「クリスマスシーズンには、中庭にツリーを飾ることを考えています。前の空き地で野菜づくりも楽しみたい」と暮らしの夢を広げています。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社 アイムホーム
  • ■ 098-989-1659

こんな家!に戻る >