NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 帰るのが楽しくなるような、リゾート風の家

夫婦+子ども

帰るのが楽しくなるような、リゾート風の家

柔らかな曲面を作る、白い外観がおしゃれなSさんの家。プライベートとパブリックゾーンを明確に分けて、家族がゆったりくつろげる居心地の良い家です。

こんな家!

☆ イメージを大切にした家づくり

 軍用地跡地に、いつか家を建てることを夢見てきたS夫妻。ようやく村の整理事業が終わり、家づくりに取り組むことになりました。ところが「いくつか建設会社を回りましたが、今一つピンとこなくて」と、なかなか家づくりの依頼先が決まりません。そんな時、以前、当紙の記事を読んで、家づくりの考え方に魅かれた女性建築士のことを思い出しました。そこで連絡を取り、会ってみると「間取りをどうしたいとか、具体的な話ではなく、例えばいつも洗濯物が山のようにあるとか、玄関から散らかりっぱなしだとか。そういう生活上の悩みみたいなことを聞いてもらって、まるでカウンセラーと話しているようでした」と奥さま。夫妻の要望を優しく受け止める、建築士の姿勢に安心感を覚え、その日に依頼を決めたそうです。
帰る際には、「宿題」として、1冊のノートを渡されました。
「これに、好きなイメージを集めてください、と言われました。いろんな資料とか雑誌の切り抜きとか、手元にたくさんあったので、それを貼ったり、コメントを書き込んだり、とても楽しい作業でした」と奥さま。
 たとえばリビングの切り抜きの横に「人が集まるときは、ダイニングでワイワイご飯を食べたあと、二次会バー」などとコメントを添えたり、大好きなリゾートホテルの名を書き込んだり。自由にまとめたそのノートは、今では、二人の家づくりの大切な思い出の品となっています。

続きを見る

☆ ぐるぐる回れる動線が便利

 

白いしっくい調の外観にステンドグラスが2か所はめられた、リゾート風の平屋がSさんの家です。屋根付きの駐車スペースがポーチの側面にあるほか、ポーチの前面にもゆったりとスペースが取られ、車寄せができるようになっています。「ホテルのロータリーに、あこがれがあって、うちは三方を道路に囲まれていたので、小さなロータリー風に仕上げてもらいました。僕はいつもここに車を止めています」と嬉しそうに話すご主人。広々とした玄関も、おしゃれなインテリアで整えられ、夫婦の好きなリゾートホテル感が満載です。
 玄関ホールから左側のアーチを潜ると、この家の中心となるリビングへ。逆に右側の扉を開けると、リビングと平行に伸びる廊下を介して、個室や奥の水回り、家事室へと繫がります。普段家族が集まるのは、リビングの左奥にアーチを介して続くダイニングとキッチンです。このキッチンは家事室と隣り合わせに繫がっていて、玄関からぐるぐる回れる動線が便利そうです。

「すごい生活しやすいです。玄関からキッチンに行くまでに、いろいろと用が済ませられるし、パブリックとプライベートゾーンがしっかり分かれているので、急なお客様が来ても慌てずに対応できます」と満足そうに話す奥さま。

 プライベートゾーンの廊下は、リビング側の壁面に収納棚が設けられ、ウォークイン・クローゼットの役割も果しています。
 壁はしっくい仕上げですが、そのためか「引っ越してから子どものアレルギー症状が出なくなった」と安心しています。
 家づくりには子どもたちも参加させ、ドアの色を自分で決めさせたり、キッチンテーブルの天板を一緒に選んだり。家族の思い出がいっぱい詰まった、楽しい家づくりとなりました。

建築・建設会社

  • ■ 有限会社 武一建設
  • ■ 098-965-3001

こんな家!に戻る >