NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 密集地でものびのび。家中がつながる機能的な住まい

夫婦+子ども

密集地でものびのび。家中がつながる機能的な住まい

四方に建物がひしめく約90坪の土地に、親子5人が暮らす2階建てのRC造住宅を新築したCさんご夫妻。大型ガレージを配したファサードは高級感が漂い、家の中に一歩踏み入れると、中庭からの光に満ちた開放的なLDKが広がります。「遮熱工法」を採用した室内は省エネ性に優れ、効率的な動線設計と相まって、住み心地を高めてくれます。

こんな家!

☆ 家づくりの基本から丁寧に手ほどき

家づくりは「縁」だった、と振り返るCさんご夫妻。長らく借家住まいを続けながら、マイホームを建てる機をうかがっていたものの、一昨年に建築会社の担当者と出会うまでは「何から手を付けていいのか、どの情報を信じていいのかよくわからない」状態。3人の子育てに追われるうちにあっという間に時は過ぎ、気付けば長子は中学生になっていました。
 縁をつないでくれたのは野球でした。担当者が所属していた野球チームにご主人が入部したのがきっかけで、練習や試合の後などに気さくに相談する間柄に。沖縄特有の気候を考慮し「遮熱」に力を入れたプランニングをはじめ、度々訪問した完成見学会での印象も良く、「よし、お願いしよう」と決断しました。
「標準プランに含まれる設備や建材のグレードが高かったことも、決め手の一つです。扱っているメーカーの種類が幅広く、選択肢が豊富な点はとても魅力的でした」と奥さま。 
 建設地は以前からこのときのために、ご主人の実家近くに90坪弱の土地を用意していました。設計にあたっては「将来を見越して駐車スペースを広く取りたい」、「子どもたち全員に個室を与えたい」との要望をもとに、平屋ではなく2階建てにして、1階をパブリックな生活スペース、2階を子ども室として計画。また周囲に住宅がひしめく密集地のため、目隠しを兼ねて北側の前面道路に向けて大きくガレージを置き、その奥にキッチン・ダイニング・リビングを一続きに並べました。
 リビングの東に張り出した畳間は、「和室そのものというより、家事室的なスペースがほしかったので」取り入れたもの。形状的にもうまい具合に、ガレージ・LDK・和室に囲まれた「コの字」形の空間が屋外に生まれ、デッキ付きの中庭として活用することにしました。

続きを見る

☆ 家事負担を軽減する効率的な動線設計

 

家は長く住み続けるもの。日頃の生活ストレスが少ないことが、住み心地を左右する大切な要素です。育ち盛りの子どもを3人抱えたCさんご夫妻は、とりわけ生活動線の組み立てに気を配り、家族5人がスムーズに動ける間取りに整えました。 
 例えばDKのすぐ右手には、「洗濯・物干し・片付けの作業も、朝の身支度も、1カ所で済ませられるように」と考え、洗面室・物干し場・バスルーム直結のファミリークローゼットを配置。日常的に使う衣類やタオルなどをここにまとめておくことで、各個室の収納を最低限のサイズに抑えられる上に、家具を新たに持ち込む必要もなく、室内をすっきり広々と使うことができます。 
 室内外を結ぶ通路は玄関を含めて3カ所用意しました。一つはガレージと玄関の連絡路で、雨の日でもぬれることなく、車との間を行き来できます。もう一つは、キッチン脇の勝手口から中庭に出て、ガレージへ抜けるルートです。そしてこの3通路はいずれも、生活の要であるキッチンが基点になっている点がポイントです。
 お気に入りのデザインに包まれた暮らしも、居心地を高めてくれます。Cさん宅では上下階で趣を変え、1階は白を基調にしたシックな雰囲気にまとめて、階段から上はポップな意匠で装飾。3人の子ども室は「一人ずつ好きな壁紙を選ばせました」とのことです。 
 新居は昨年3月に完成し、住み始めて間もなく丸1年を迎えます。「腰を上げるまでにあれだけ迷っていたのが嘘みたいに、すべてが本当に快適なんです。遮熱の効果も、実際に生活してみると確かに感じられますね。冷房を少し入れるだけでそれが長時間持続し、光熱費も予想以上に抑えられています」とご夫妻。一方では「まだまだ住みこなせていない」と感じる点もあり、「中庭を十分に生かせていない。新築祝いをガレージで催したように、今後は友人らを招いて中庭でバーベキューなどを楽しめれば」。にぎやかな一年になるかもしれません。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社 大知建設
  • ■ 098-843-9843

こんな家!に戻る >