NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦+子ども > 階段が中心にある家

木造

階段が中心にある家

家族のつながりを大切にしたくて、上下階の雰囲気が伝わるようにとLDKの真中に階段を設けたGさんの家。空間を有効活用した狭小住宅で、シンプルな暮らしを楽しまれています。

こんな家!

☆ 狭小住宅でシンプルに暮らす

メインストリートから一歩中に入った、古い集落内にある木造2階建て住宅がGさんの家です。
「子どもが小学校に入る前に家を建てたいと思って、建売りなどを探していましたが、なかなかこれ、と思えるものがなかった。それなら土地から探して、自分の好きなように建てようと思いました」と振り返ります。予算のこともありましたし、コンパクトな家でいいと思っていたので、30坪前後の土地を探しました。
 家づくりのパートナーとして選んだのは狭小住宅に実績のある不動産兼建築会社でした。「ネットで、〈狭小地〉〈沖縄〉で検索したら、その会社が出てきたんですよ。実はその時には、購入予定の土地があったのですが、その土地についての意見を聞きたいというのもありました」 相談の結果、土地利用にあたってはいろいろ制約が出そうだということがわかり、土地探しからお願いしたところ、今の土地に巡り合ったそうです。職場へのアクセスや住環境もよく、「とても静かで、子どもを寝かしつけているうちに、一緒に寝入ってしまうくらいです」と笑いながら話すGさん。
 間取りに関してはシンプルに1階にLDKと水回り、2階に個室三つを配置。「2階に子どもたちが行きやすいような雰囲気にしたかったので、リビングに吹き抜けの階段を置くことを希望しました」と奥さま。さらに子ども室に壁を設けず、アイアンの柵を取りつけることで、上下の空間がつながり、開放的で明るい印象の家になっています。

続きを見る

☆ 階段で上下をつなげる

 

紺の外観が落ち着いた印象のGさんの家は、コンパクトなボックス型です。木調の玄関扉を開けると、正面にシューズクロークがあり、左側にワンルームタイプのLDKが広がります。1階中央の吹き抜け部分に配した、軽やかなアイアンの階段が新鮮で、Gさんの家のシンボルともなっています。庭に面して、この吹き抜け部分に大きな窓を設けたことで明るく、開放的な空間になっています。
「階段は、腰かけてテレビを見たり、子どもたちの遊び場にもなっています。2階の様子もわかるので安心です」と満足そうに話す奥さま
 2階は階段の左右に6・3帖の寝室と、4・5帖の子ども室を二つ配置。「圧迫感があるのは嫌だったので、子ども室にはドアや壁を作らないことにしました。1階から様子が分かるので安心です」今はオープンに使っていますが、将来、必要になれば簡単な工事で壁とドアを取りつけられるようにしてあるそうです。
 キッチンは壁付を選択。振り返ったときにほどよい場所に、作りつけの収納棚とダイニングテーブルを設けたことで、家事動線がとてもスムーズです。 
 室内は白をメインに、建具類は黒にして、あとはグレーや紺の色味を足すくらいにして、落ち着いた雰囲気に仕上げています。小さいけれど芝庭とウッドデッキもあります。「室内でかくれんぼをしたり、庭で寝転がって遊んだり。子どもたちがのびのびと楽しそうです」と、家族みんなが暮らしを楽しめる家に大満足です。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社Teach Plus
  • ■ 098-882-1001

こんな家!に戻る >