NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > イメージをかたちに。表情豊かな家

夫婦+子ども

イメージをかたちに。表情豊かな家

住みたい家のイメージを大切にして、実家を二世帯住宅に建て替えた比嘉さん。海に視界の開けた、明るいリビングを中心に、家族だんらんの時を楽しまれています。

こんな家!

☆ 沖縄の気候風土にマッチした家

比嘉さんの家づくりは、「地元に戻りたい。自分と同じ小学校に子どもたちを通わせたい」という思いに動かされて始まりました。そこで、実家を2世帯住宅に立て替えて暮らすことを考えるようになり、両親に同居の話を持ちかけてみると、すぐに同意してもらえました。
 家づくりは、大型スーパーのイベント会場で、写真とともに展示・紹介されていた住宅が気に入り、その建築士に依頼することにしました。「風と光をうまく取り入れていて、沖縄の気候風土にマッチしたデザインだなと思いました。お会いしてみると、真面目そうで、人柄の良さを感じました」と振り返ります。
 完成見学会に参加したり、住宅情報誌を見るなど、常に情報収集に努めていた比嘉さんでしたが、一時期、家づくりから気持ちが離れた時期もあり、思いのほか、プランづくりに時間がかかってしまったそうです。その分、細かな打ち合わせに入るころには、住みたい家のイメージが、しっかりとできあがっていました。そのメインとなったのは、「部屋数は少なくていい。その分、LDKを広く明るく、風が抜けて、クーラーがなくても過ごせるようにして、家族が集まる場所にしたい」という思いでした。
 また、水槽を置き、熱帯魚を楽しむための比嘉さんの書斎を作ることや、絵の好きな娘のために壁の一部を黒板にすること、浴槽は置かず、シャワー室にすること、などなど、比嘉さんは、一つひとつ建築士にイメージを伝える努力をしていきました。建築士は絵やパースを描いたり、モデルとなるような物件を実際に見て回るなどして、比嘉さんのイメージを全てかたちにしてくれたそうです。

続きを見る

☆ 明るく開放感にあふれたLDK

 

白い外観にポイント的に3色を足して、スマートな佇まいの比嘉さんの家。2階建ての1階が親世帯、2階が比嘉さんの住まいで、吹き抜けの玄関から内階段で上下をつないでいます。踊り場に設けられた大きな窓からは裏手の山の緑が臨めて、開放感にあふれています。玄関天井に施した青空に雲の図柄もかわいらしく、心が和みます。 
 階段スペースから続く廊下は、天井高が抑えられていてトンネルのよう。その廊下の先には、対照的に天井高のある、明るく開放感にあふれたLDKが広がります。廊下の壁は黒板になっていて、思う存分、落書きが楽しめます。
「リビングは窓を広くしてベランダにつなげ、イメージ通り、風が抜ける明るい空間になっています。テレビ台を設けた壁には、外壁風のタイルを張りました。家具とうまくマッチしていると思います」と満足そうに話します。
 キッチンは当初は壁付きでしたが、「ショウルームで見て、気に入った製品がアイランドキッチンだったので変更しました。キッチンから海の風景も楽しめて、使い勝手もいいです」と奥さま。背面に屋根付きの物干し場があり、キッチン、物干し場、水回りへと、ぐるぐる回れる家事動線が便利です。
 高窓から外光を取り入れたシャワー室は2面をモルタルの外壁風に仕上げ、あとの2面をガラスで囲むという、明るく、リゾート風のデザインになっています。
 子ども室は移動式家具で二つに仕切って使用。廊下同様、壁の一部は黒板です。寝室とウォークインクローゼットは、シックな壁紙で落ち着いた雰囲気です。どの空間も、それぞれが表情豊かにデザインされていて、楽しく、居心地のよい住まいとなっています。

建築・建設会社

  • ■ 建築設計 あ うん
  • ■ 沖縄市登川2-22-10 シャトレ山城1-A
  • ■ 濱崎 幸夫
  • ■ 098-989-5770
  • ■  http://aun.jimdo.com/

こんな家!に戻る >