自然素材ふんだんの家。 築後15年たって見えてきたことと 変わらないもの – あなたの夢を暮らしを応援する住宅情報誌「週刊かふう」新報リビングニュース

NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 自然素材ふんだんの家。 築後15年たって見えてきたことと 変わらないもの

夫婦

自然素材ふんだんの家。 築後15年たって見えてきたことと 変わらないもの

子育てがほぼ一段落した時期に、老後までの生活を見据えて、以前の家を建て替えたAさんご夫妻。建築材料として自然素材や植物をふんだんに取り入れながら、通風、断熱などの面でも自然の力を上手に活用。生活しやすさを第一に間取りの構成を考え、それぞれが趣味を楽しめるスペースも随所に盛り込みました。あれから15年たった現在の住まいの状況と、ご夫妻の暮らしぶりを拝見しました。

こんな家!

那覇市内の落ち着いた住宅街。十数年間暮らした以前の家を、改修ではなく建て替えた最大の理由は、主に湿気の影響で著しく不具合が生じたため。当初は傷んだ箇所の修繕・改修を行うつもりで、知人づてに紹介を受けた建築家の佐久川一さんに相談しましたが、調べてみると被害の規模は想像以上。「これは応急処置では難しそうだ」との結論に達し、新居のプランニングを依頼しました。
 Aさんが望んだ基本的なライフスタイルは、空調にできるだけ頼らない生活。「エアコンはもちろん、扇風機の風も苦手なんです」という奥さまの意向に従い、家全体に風が巡り、熱のこもらないプランを要望。これは同時に、長年悩まされてきた湿気の対策を、万全に行うことにもつながりました。またご夫妻ともに庭仕事や植栽の手入れが好きだったこともあり、「自然を身近に感じ、自然素材を多用した家づくりをしたい」という方向性もおのずと定まりました。
 新居の設計を始めた頃は、既に上の子ども2人は親元を離れ、一番下も高校生。間もなく迎える定年退職と将来の老後の生活を見据え、まずは自分たちの趣味を楽しめる空間づくりを優先しました。特にご主人は書道をたしなみ、時に長尺の作品をしたためるため、かなりのスペースが必要です。一方で料理と手仕事が趣味の奥さまは、キッチンの広さ、使いやすさは当然として、「いずれ織機を用意して織物にチャレンジしたい」との構想を抱いていました。 
 こうしたお2人の希望やこだわりを建築士がすくい上げ、イメージを膨らませてラフスケッチにまとめ、それをもとに間取りやデザイン、材料などを煮詰めていきました。「当時はまだ現役だったのでなかなか考える時間が取れず、佐久川さんから提案を受けて検討し始めることがほとんどでした。それでも好みに合った木材を求めて、やんばるの山を一緒に巡ったりしましたね」とご主人は懐かしみます。打ち合わせには結局、約1年間を費やしました。

続きを見る

☆ 家は生き物。 手入れをしながら 経年変化を楽しむ

 

Aさんの要望がどのような形で具現化したのか、一つ一つ確認していきます。
 空気・湿気がこもらないように、家中を風が巡る工夫は随所に見られます。開口部が多いのはもちろんのこと、駐車場に面した階段の蹴込み部分に開閉式の小窓を設けるなど、細かな仕掛けも散見。また敷地の高低差を生かし、地下収納をつくって高床式にして、1階フローリングには換気口を整えました。
 間取りは玄関を上がると目の前にLDKがあり、その隣に和室が置かれています。和室の周囲はぐるりと廊下で回ることができ、しかも欄間部分が開いているため、障子戸を閉めてもフロア全体に空気が流れます。さらに玄関のすぐ脇にある階段回りは吹き抜けになっており、熱を帯びた空気が2階の高窓やテラスへ抜けていくように設計されています。
 素材は木と漆喰をふんだんに使い、室内のどのスペースも温かみある雰囲気に。和室の漆喰壁には、藁の代わりに月桃繊維をすき込みました。他にも月桃繊維を畳やふすま紙に使ったり、照明器具を竹で造作したり、野趣たっぷりの住まいに仕上がっています。
 趣味の空間も充実し、ご主人の書道スペースは2階に設置。長尺作品の製作場所は、書棚前の廊下を兼用させました。また1階和室回りの廊下は、機織り機を置けるだけの広さにしてあります。
 あれから15年。家の中で手を加えた場所はほとんどなく、変わった点は、生活とともに物が増えたくらい。大きな変化が見られるのは屋外で、「屋上の手すりやパーゴラは木製だったので、やはりダメージが大きかったですね。今年6月に撤去して、スチール製の手すりを設置しました」とのこと。試験的に導入した屋上の土壁も、最近は傷みが目立ってきたため、漆喰で補修する予定です。
「家は生き物。こまめに手をかけてあげることが大切なんだと実感しています」とご夫妻は笑顔。そうした経年変化を楽しめる心のゆとりが、暮らしの豊かさにもつながっているようです。

建築・建設会社

  • ■ 一級建築士事務所アトリエガィィ
  • ■ 098-897-1379

こんな家!に戻る >