NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦+子ども > 都市部に建つ木造住宅 ウッディ&リゾート風の インテリアに囲まれて暮らす

木造

都市部に建つ木造住宅 ウッディ&リゾート風の インテリアに囲まれて暮らす

那覇の町中に約35坪の土地を購入し、木造2階建ての新居を築いたGさんご夫妻。上下階を吹き抜けでつなぎ、開放感を高めるとともに、内装には木をふんだんに使用して、リゾート感を演出しました。フランス瓦に彩られた外観を愛でながら、親子4人で快適な暮らしを営んでいます。

こんな家!

☆ 2階建てでも上下階全体に 一体感のあるプランを目指す

厳しい条件であることは百も承知で、「那覇市内の、それもできるだけ中心部に近い場所で、一戸建てで暮らしたい」と考えていたGさんご夫妻。どんな家にするのかを検討する以前に、果たして予算内に収まる土地が見つかるかどうか。2年前に長子が生まれたのを機に計画に着手し、当初は中古住宅のリノベーションを含めて物件を物色。そんな折に、相談していた建築会社から現在の土地の情報を得て、迷わず即断しました。
 購入した土地の広さは約35坪。その時点で家族が4人に増えることがわかっていたため、車3台分の駐車場と必要な生活スペースを確保すべく、平屋ではなく2階建てでプランニングを開始。RC造ではなく木造を選択したのは、予算面でのメリットに加えて、「いかにも木造然としていたひと昔前とは違って、今では構造の種別を問わず、どんなデザインでも表現できるから」。木造であれば基本的に勾配屋根なので、ご主人が気に入っていた「フランス瓦を外観意匠に生かせる」ことも魅力の一つでした。また地震やシロアリに対する先進技術への信頼も厚く、建築会社が主催する構造見学会にも参加して、「問題なし」との確信を深めました。
 お二人が抱いていた新居のイメージは、「リゾート感あふれる家」。内装には木をふんだんに使い、爽やかで温かみのある空間づくりを目指しました。間取りについては「土地の広ささえあれば平屋にしたかった」のが本心だったため、間仕切りを極力設けず、上下階全体に一体感があるレイアウトを要望。リビングと階段回りを吹き抜けにして開放感を高め、家族がどこにいてもお互いに気配を感じられるようにプランを組み立てて行きました。

続きを見る

☆ キッチンを基点に間取りを構成。 濃淡の木目が映えるインテリア

 

動線的にもデザイン的にも、Gさん宅の核になっているのがキッチンです。ステンレス製のワークトップとオーク材のキャビネットを組み合わせたその雰囲気に、ショールームで初めて出会ったときから一目ぼれ。建築会社との打ち合わせでも、まずは「キッチンをどこに置くか」を軸に数パターンの間取りを検討し、現在の形に落ち着きました。キッチンに立てば、正面のリビングをはじめ1階全体を見渡すことができ、すぐ隣には水回りが集約され、家事も効率的にこなせます。
  1階フローリングはキッチンと色合いをそろえて、明るい木目の集成オーク材を施工しました。一方で建具や階段、手すり、2階フローリングなど、他のほとんどの木部はシックなウォールナット調で統一。白を基調にしたクロスに濃淡の木目が映え、リゾートムードを高めています。
 団らんの場である1階に対し、2階はプライベートフロアとして寝室と可変式の子ども室を配置しました。空間の連続性を保つために、現在は子ども室と廊下をオープンにつなげてフリースペースにしています。また吹き抜けに面した廊下の壁沿いには、将来の勉強机用にカウンターを造作しました。
 待望の新居は今年6月に完成。躯体が立ち上がるまでは「土地が狭すぎたのではないか」と心配していましたが、いざ住み始めてみれば一転、「広すぎず狭すぎず、家族4人で暮らすには最適なサイズ。たくさんのモデルハウスを見学してきましたが、わが家が断然上等ですね(笑)」と感激の毎日です。
 唯一誤算だったのが、周囲にひしめく建物の影響で、屋根のフランス瓦が目立たなかったこと。そのため工事完了間際に玄関前にヒンプンを建て、意匠で瓦を載せました。「オシャレな表札も付けられたし、アプローチ全体がお気に入りの場所の一つになりました」。温かみのある朱色の瓦が、新居の表情を誇らしげに彩っています。

建築・建設会社

こんな家!に戻る >