NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 希望のデザインを生かした明るい住まい

こだわりのスペース

希望のデザインを生かした明るい住まい

2回シリーズでお届けするBさん・Mさんの家づくりストーリー。
奥さま同士が姉妹という両家族は、一つの土地を共同で購入・分筆し、隣同士に新居を建築。
Bさん宅に続き、今週はMさん宅を紹介します。

こんな家!

☆ 間取りもデザインもフリースタイル。奥さま好みのコーディネートに

県外でしばらく転勤生活を送りながら、「沖縄に戻るタイミングで、新居を構えたい」と考えていたMさんご夫妻。ちょうどその頃、奥さま同士が姉妹というBさん一家も家づくりを検討中だったため、「それならば」と那覇市の住宅街で見つけた約70坪の土地を共同で購入。東西に分筆した西側にMさんが家を建てることになり、それぞれ同じ建築士を通じて、個別に打ち合わせを始めました。
お隣のBさん宅が沖縄の伝統を重んじ、風水を軸にプランを組み立てたのに対し、Mさんは「間取りもデザインも、自分たちが好きなように決めていきました」。大きなこだわりは、限られたスペースを最大限に活用するために、室内の延長空間として「1階にはテラスを設け、屋上も有効利用すること」。キッチンは広々と使えて、「ゆくゆくは3人の娘たちと一緒に料理を楽しめるように、アイランド型の対面式にすること」。またインテリアは奥さまの趣味に合わせて、白を基調に清潔感を保ちつつ、上品でシックな雰囲気づくりを目指して、壁材や建具、家具のコーディネートを考えていきました。
完成直前まで県外での生活が続いたため、建築士とのやり取りはすべてメールと電話で行いました。休日には現地のショールームを見て回り、取り入れたいデザイン・材料を選びながら、上手な住み方のヒントなども吸収。それを建築士に伝えて、詳細なイメージをすり合わせていきました。
「着工後はB夫婦がいつも、自宅の見学ついでに私たちの家の現場写真を撮って、メールで送ってくれました。おかげで進ちょく状況がよく分かり、内装や家具も決めやすかったですね」。姉妹宅同時着工の強みが、いかんなく発揮されたようです。

続きを見る

☆ アイランドキッチンを中心にシックにまとめる。屋上も有効利用

 

待望の新居は昨年4月に完成。間取りは、フロアごとに公私の性格を切り分け、1階にLDKと和室、2階に主寝室と子ども室を配置。こだわりのアイランドキッチンは、南北に細長い家のラインに沿って1階の北側に置き、オープンな雰囲気を損ねないように、食器棚はすべて背面にまとめました。ワークスペースに立つと、正面のLDから右手の和室まで、室内全体を見渡せます。またもう一つのこだわりだったテラスは、和室の屋外に併設。玄関からも室内からも、自由に行き来できます。
デザイン面では、北側一面の壁をダークブラウンにまとめたことで、空間全体がグッと引き締まりました。さらにキッチンのコンロ脇の柱には装飾タイルを施し、リビングのソファも、シックな室内の印象に合わせてセレクトしました。「初めて訪れたゲストが隣のBさん宅と見比べて、“奥さま同士が姉妹で、家の形状もよく似ているのに、雰囲気はまったく違う”と驚くことが多いですね」とご主人は笑顔。
2階子ども室は、ひと部屋は完全な個室に、もう2部屋は中央で自由に仕切れる可変的な造りにしました。クロスの色柄は子どもたちに自由に選ばせ、三人三様のかわいらしい空間に仕上がっています。「彼女たちなりにとても喜んでくれているようで、友だちを家に呼ぶ機会が増えました。思いのほか自分の部屋にはこもらず、キッチン横のフリースペースで一緒に勉強したり、屋上でボール遊びなどをしているようです」とのこと。お子さまたちのにぎやかな姿もまた、Mさん宅を彩る貴重なデザインの要素になっています。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社大成開発
  • ■ 098-884-7905

こんな家!に戻る >