NEWS

家族構成別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦+子ども > 俺たちの集い場がある シンプルモダンな平屋

こだわりのスペース

俺たちの集い場がある シンプルモダンな平屋

150坪強の広々とした敷地に、堂々とたたずむ平屋の家。今年5月に完成したHさん宅は、夫婦と子ども2人が暮らすシンプルモダンな装いの住まいです。基本に忠実に間取りを整えた空間の中に、集会・宴会に最適な「プレイルーム」や屋根付きのガレージ、夫婦共通の趣味である漫画用の書棚など、こだわりの要素が濃縮されています。

こんな家!

☆ 住居とは完全に切り分けた自由に使える空間をつくる

親子4人で無理なく暮らせる生活スペースを確保したら、あとは敷地に少し余裕がある分だけ、趣味的な要素を付け加えたい。Hさんご夫妻にとってそのプラスアルファのポイントは、大人数で集まれる「プレイルーム」でした。
「一番の理由は野球の会合です。長男が所属する少年野球チームのコーチをしているため、住居部分とは別に自由に使える場所があれば、子どもたちを呼んだり、大人を交えて集まったりするのに便利なので」とご主人。せっかくなら屋根付きのインナーガレージを隣に並べて、プレイルームと一体的に活用できるように設計してもらおう。来客用の駐車場は別途用意し、庭はキャッチボールできるだけの広さを残しておきたい。各エリアのレイアウトは、そんな具合にまとめていきました。
 Hさんの家づくり計画のスタートは、3年ほど前までさかのぼります。ご主人の実家の所有地を一部譲り受け、「一貫した責任施工体制で実績も豊富。安心してお任せでき、最初から迷うことなく依頼を決めていた」という地元の建設会社に相談。分筆・転用など土地の手続きを進める傍ら、担当の建築士らと一緒にじっくりプランを煮詰めていきました。 
 敷地は北西角地で周囲に背の高い建物はなく、南東からの光と風を取り込みやすいのびのびとした環境です。この恵まれた条件を素直に生かし、南側に大きく取った庭に向けて住宅を配置。間取りも沖縄の伝統民家を踏襲するように、南東から和室・リビングダイニング・キッチンを連続して並べるとともに、キッチンの隣に水回りを集約し、生活・家事の効率化を図りました。またリビングの裏座にあたる子ども室は、テレビ台の両脇に入り口があり、個室というよりLDKの延長のような空間になっています。

続きを見る

☆ 漫画用の書棚を壁一面に。造り付けの収納も充実

 

和室の裏座にあたる主寝室は、ご夫妻共通の趣味の部屋。壁一面に造作された書棚が2カ所あり、ずらりと漫画の単行本シリーズが並んでいます.
「念願だった漫画書棚。今までのアパートでは置き場が全然足りなかったので、絶対に専用のスペースがほしかったんです」とお2人は笑顔。入居後にさっそく段ボールを開いて並べてみると、思いのほかまだ余裕があり、「しばらくは保管場所に困ることなく楽しめそうですね」。 
 LDKを中心に室内全体を見渡すと、実際の広さに増して開放的に感じられるのは、「たんすなどの家具をそろえなくていいように、ほとんどすべての収納を造り付けにしてもらった」ことも大きな要因です。デザインもすっきりとシンプルモダンにまとめられ、壁は白のクロス、フローリングはブラウンのチーク材、建具などの木部はベージュ系で統一。一方で外観は白を基調にしつつ、今では「お気に入りの空間になりました」というアプローチ部分は、装飾性のある塗料やタイルを使って演出しました。
 プレイルームの入り口は住居と共通。玄関からもガレージからも行き来できますが、内部で完全に切り分けられ、一つの独立したスペースとして使うことができます。もちろん野球の会合以外にも重宝しており、現在のルーム内にはご主人の「模合仲間の釣果」という魚拓がずらり。今後は釣ってきた魚をここでさばいてみんなで宴会を開いたり、あるいは子どもたちのために、雨天時や夜間の室内練習設備をガレージ内に整えたり、楽しみ方は無限に膨らみます。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社 池原建設 企画事業部「ウインズ」
  • ■ 098-921-5020

こんな家!に戻る >