NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 光と風が行き渡るデッキコートのある家

こだわりのスペース

光と風が行き渡るデッキコートのある家

整然とした住宅地に建つTさん宅は、L字形にレイアウトされた平屋のコートハウス。
リビングに隣接する屋外デッキコートは明るさと風にあふれ、
見上げれば澄んだ青空が広がる、コンパクトで爽やかな住まいです。

こんな家!

☆ 土地を効率的に使って、希望の間取りを平屋でレイアウト

土地を寝かせること3年余り。「そろそろ本格的に取りかからなければ」と、共働きで忙しいTさんご夫妻をついに突き動かしたのは、2人の子どもたちの著しい成長ぶり。アパート一室に親子4人で暮らすにはかなり手狭になり、一昨年の暮れ、友人から建築士を紹介してもらいました。
購入していたのは、南城市の高台にある分譲地。ほぼ正方形をした南東角地で、周囲には整然とした町並みが広がり、奥さまの実家も同じエリア内にあるなど、住環境としては好条件がそろっていました。唯一気になったのが、「駐車場は3台分ほしい。それほど広い土地ではないし、十分な居住スペースを確保できるだろうか」という点でした。そのため建築士との打ち合わせ当初は、「LDKをはじめ、子どもたちの個室、主寝室、和室、デッキコート、採光のための坪庭と、最低限の要望を盛り込むだけでも、2階建てにしないと厳しいだろう」と臆測。ところが後日提案されたプランを見てびっくり、2階建てのほか平屋のプランも用意されており、「まさか! でも無理なく収まるのなら」と平屋を選択しました。「ひと目ですっかり気に入りました。通風、家事動線などのポイントも押さえられ、“この建築士さんなら安心してお願いできる”と確信がもてました」とご主人は懐かしみます。
そのため設計は基本的に「建築士さん任せ」。伝えた要望は、必要とする居室のほか、奥さまからは「掃除が簡単で、屋外部分は手入れが要らないこと」。一方でご主人は、「デッキスペースがほしい。外からの視線を気にせず、ごろんと寝転んだときに、壁で切り取られた青空だけを眺められるような、そんな空間があれば」とリクエストしました。

続きを見る

☆ プライバシーを守り、屋外デッキから光と風を招くコートハウス

 

「若い頃にあこがれていたのが、高台に建つ海を望める家。残念ながら、購入した土地からは海が見えないのですが、建築士さんの事務所が理想的なオーシャンビューの立地で、初めての訪問時に昔あこがれていた記憶がよみがえり、なぜか懐かしいような印象を抱いたことをよく覚えています」とご主人。今年1月に完成した新居は、お2人の想像以上に掃除の手間が省け、リビングに隣接するデッキコートからは、海の代わりに澄んだ青空が望める、快適な住まいになりました。
建物は敷地南東の駐車場を囲むように、L字形に配置。住宅街にあるため、通りからは中の様子が知れないように工夫されていますが、玄関を入ると印象が一変。明るく爽やかな風に満ちた空間が現れます。その秘けつは、大きく取られた屋外デッキがコートの役割を果たし、LDKをはじめ家の至る所に光と風を運んでいること。また、坪庭が玄関の正面と浴室の横の2カ所にあることも、採光と通風に役立っています。
生活の中心であるLDKは、敷地西面に大きく取られたワンルーム的な空間で、対面式のキッチンを基点にデッキコートや子ども室まで見渡せる視界の広さも特色です。「リビングの隣に子ども室を置いてもらって大正解。台所作業をしながら声をかけられるし、子どもたちも思いのほか部屋にこもらず、リビングで一緒に過ごすことが多いですよ」と奥さまは笑顔。さらに「キッチンはアイランド型で、水回りとの間も簡単に行き来できます。部屋の数と掃除のしやすさしかこだわりがなかったのに、こんなに便利に使えて大満足です」。
計画を始めてから完成まで約1年という早業に、「中途半端に意見を挟まず、任せるところはプロを信頼してお任せしたことがよかったのでは」と振り返るご夫妻。そして「冬の間は、室内からデッキを眺めるだけの日が多かったので、これからの季節はもっともっと活用していきたいですね」と初めて迎える夏を心待ちにしています。

建築・建設会社

  • ■ 仁設計
  • ■ 098-890-1108

こんな家!に戻る >