NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦+子ども > 整った間取りに心地良さが宿る家

木造

整った間取りに心地良さが宿る家

夫婦と小学生の子ども3人が暮らすMさん宅は、大きな吹き抜けを持つ2階建ての木造住宅です。「最高等級品質」をうたった機能性の高さに加え、奥さま主導でデザインした間取りや動線、収納方法も大きな特色です。住み始めて2年たった現在も、新築直後と変わらぬ整理が行き届いた空間で、丁寧な暮らしが営まれています。

こんな家!

☆ 暮らしやすさと建物の性能を夫婦でチェック

Mさんの奥さまは整理収納アドバイザー。今回の家づくりでは率先して、使いやすく片付けやすい仕組みづくりにこだわり、収納の位置やサイズをはじめ、居心地の良さを生む間取り・動線など「ソフト面」を最重視。一方でご主人は、建物の耐久性・機能性といった「ハード面」を厳しくチェックして、夫婦でうまく役割分担しながらプランニングに臨みました。
 依頼した住宅会社との出会いは、新居が完成する2年ほど前までさかのぼります。以前からマイホームの検討を進めていたお2人は、建売を中心に完成見学会やモデルハウスへ足しげく通っていたものの、「いまひとつしっくりくる家が見つからない」状況が継続。この日は町全体が展示場のような新しい住宅街を歩いている最中に、「最高等級品質」と書かれた木造住宅ののぼりが目に止まり、見学に訪れました。
「性能以前に好印象を覚えたのが、吹き抜けの開放感。子どもたちが独立したあとの生活まで考えると、2階建てより平屋がいいと思っていましたが、上下階が連続したこの形なら2階建てでも十分“あり”かな、とイメージが一変しました」と奥さま。営業担当者の説明によると、片流れの屋根形状と大きな吹き抜けが特長の新商品で、間取りや収納場所などは自由に組み立てられるとのこと。木造につきまとう台風やシロアリの懸念については、ご主人が精査して太鼓判。そして最後の決め手になったのが、出迎えから見送りまで丁寧に対応してくれる営業担当者の姿勢でした。
「家は建てて終わりではなく、建てたあとから長い付き合いが始まると考えていたので。ハード面と同じくらい、家づくりにとって“人”というソフトな要素は大切でした」。

続きを見る

☆ 整理収納の原則に基づきレイアウトを決定

 

住宅会社との契約と同時に土地も購入。約70坪の広さがある区画整理地で、南側前面道路に開くように建物を配置。空を目がけて葺き上がる勾配屋根のフランス瓦が、Mさん宅のファサードを鮮やかに彩ります。
 間取りは動きやすさ、使いやすさと合わせて、「風水的な考え方も取り入れました」。
 南東に玄関、その隣に和室を置き、家族が集うLDKは約19畳の大空間に。キッチンを含む水回りは北西側に集約し、さらに和室奥に設置したウオークインクロゼットとも行き来できる通路を確保して、家事効率を高めました。またLDと吹き抜けでつながった2階子ども室は、将来3畳×3室に仕切れる設計にして、現在はオープンなワンルームを用意。吹き抜けに面した廊下手すりにはミラーガラスを採用し、開放感を損ねないように配慮しました。
 ここからは特別に、Mさんの整理収納術をちょっとだけお見せします。
 ダイニングに対置したキッチンカウンターは、内部に食器類やキッチン用品を収納できる優れもの。すぐ隣にある目隠し兼アクセント壁の裏側と、システムキッチン本体を合わせれば、かなりの収納力があります。
「部屋の用途を限定せず、何にでも使えるようにしたい」との考えから、ダイニングには専用のテーブルを置く代わりに、多目的のテーブルセットを2つ使用。普段はカウンター前に並べて食卓兼勉強机にしていますが、奥さま主催のセミナーを開くときなどは、必要に応じて組み替えます。またダイニングの壁面収納は、戸を開ければ子どもたちの勉強道具がズラリ。「ものを出し入れする距離が短いから、面倒くさがることはないですよ」とのことです。
 こうした無駄のない計算通りの生活を送れるのは、快適な住み心地を維持してくれる確かな「箱」があってこそ。「私たちには当たり前の環境になったけど、わが家を訪ねてきた人はやっぱり、夏は涼しくて、梅雨時でも不快感がなく、家に入った瞬間、木の香りがすることに驚いています」。それに加えて、子どもたちが頻繁に友だちを呼ぶようになり、放課後はクラブ活動状態になることもしばしば。子ども特有の無邪気な本能で、心地良い居場所を察知しているのかもしれません。

建築・建設会社

  • ■ プレステージホーム沖縄
  • ■ TEL 098-943-2246

こんな家!に戻る >