NEWS

かふうWEB > こんな家! > LDKを中心に家族がつながる、コンパクトな家

LDKを中心に家族がつながる、コンパクトな家

子どもたちに個室を与えたい、そんな思いからスタートした家づくりに、夫婦二人三脚で取り組み、理想通りのコンパクトで居心地のよい家を完成させました。

こんな家!

☆ 子どもに個室を与えるために

子どもが成長するにつれて、「プライベートなスペースがあった方がいいのでは」と考えるようになった大城さん夫妻。当時暮らしていた借家は部屋数が少なく、広いリビングが勉強室代わりでした。そこで家づくりに取り組むことにしたものの、実家近くに場所を限定したこともあって、なかなかこれという土地に出会えません。幸い、親戚の方に相談したところ、土地を分けていただけることになりました。
 それからは家づくりの依頼先を決めようと、あちこち当たってはみるものの、夫婦の意見がなかなか一致しません。そんな時に、知人の家を建てた建築会社を紹介されて、まずは営業担当の方に相談してみると、その真摯な態度に夫婦揃って好印象を持つことに。その後、初めて建築士と面談した際、「家族で描いた簡単な間取り図があって、それを建築士に見てもらったら、『わかりました。やってみましょう』と、すぐに応えてくださったのが嬉しくて」、その会社に家づくりを依頼することを決めたそうです。
 家族で描いたのは、LDKを中心に、各個室がつながった、シンプルでコンパクトなプランでした。「寝室と子ども室2つ、それに和室も欲しい。あと親子ともに野球をやっていて、泥だらけになって帰ってくるんです。そんな時は玄関から入ってほしくないので、すぐに浴室に向かえるような、別の出入口を作ってほしい、とお願いしました」と奥さま。
 建築士は、駐車場から玄関へ向かう動線とは逆方向に、室内物干し場へ通じるドアを設け、そこを通って、直接浴室に行けるようにしてくれたそうです。物干し場の壁にはスリットを入れて、風通しをよくするとともに、壁の圧迫感を和らげています。

続きを見る

☆ 外から浴室への動線が便利

 

 ベージュとダークブラウンで塗り分けられた、ツートンカラーの外観に、オレンジ系のラインをちょこっと利かせた、シックな佇まいの大城さんの家。駐車場の左隣に出っ張ったダークブラウンの部分が物干し場です。玄関は物干し場とは逆に、駐車場から右手に回り込んだ場所にあります。
 広々とした玄関の正面には、ウオークインシューズクロークが設けられ、右手に見通しのよいLDKが広がります。LDKは家の中心にあり、和室、子ども室2つ、寝室、水回りにぐるりと囲まれていますが、和室の掃出し窓やキッチンの勝手口などから、風と光をうまく取り入れて、居心地がよさそうです。
 「家事動線がすごくよくて、助かっています。キッチンはリビングに面してカウンターを設けたので、対面式に見られますが、実は壁付けです。キッチンの前面に幅を持たせて、ヒヌカンの場所を作ってもらいました」と満足そうに話す奥さま。
 リビングから物干し場へ続く廊下の左側にトイレ、右側に洗面室と浴室を配置。スリット付きの物干し場の壁は通りからの視線を遮りつつ、室内に風を運んでくれます。
 工事中、「足の不自由な両親のために、玄関に手すりを付けたい」、「家族の手形をコンクリートの地面に残したい」などと、急に思いついてお願いしたこともありましたが、その度に、快く対応してくれた現場監督の方に、とても感謝しているそうです。
 また、「私はお金の計算や書類関係の扱いが苦手なので、そこは主人に全て任せて、建築士とのやりとりなど、プランに関することは、私が窓口になって決めていきました」と奥さま。初めに、役割分担をはっきりさせたお蔭で、家づくりはスムーズに進み、仕上がりにも夫婦揃って大満足です。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社 大成ホーム
  • ■ TEL 098-877-7756

こんな家!に戻る >