NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 住宅のあり方を再構築 時代を先取る新しい暮らし方

夫婦+子ども

住宅のあり方を再構築 時代を先取る新しい暮らし方

住む人の数だけ家の個性があるように、家の建て方だっていろいろな目的があっていい。近い将来、実家に戻る予定があるOさんご夫妻は、後々は賃貸物件として運用することを前提に、2階建て・4LDKの一戸建て住宅を新築しました。新しい時代のニーズにマッチした、多様性と柔軟性を備えたお住まいです。

こんな家!

☆ 時代を見据え、幅広い生活様式に対応したプランニング

未就学の子どもが2人に、いずれ3人目を出産予定。できればすぐにでも持ち家を構えて伸び伸び子育てしたいけれど、近い将来、ご主人の実家に戻る予定がある。そんな状況に置かれたOさんご夫妻が選んだのは、「広いアパートや借家に移る」でも「待つ」という選択肢でもなく、「父親から譲り受けた土地に一戸建ての家を建ててしばらく生活し、実家に戻った後は賃貸物件として運用する」というライフプランでした。
 土地は実家から程近い住宅街にあり、広さは100坪強。新居の設計・建築は、「一般的な住宅とは性格が異なるし、その後の運用のノウハウがあったほうが安心」との理由から、以前に親類が賃貸物件を建てたときと同じ建築会社に依頼しました。長期的な収益を最優先に考えたため、Oさんご自身の好みや希望を反映した箇所はほとんどなし。「子どもたちを広々とした庭で遊ばせたいから、当初は平屋だった計画を2階建てに変更したくらい。どんなタイプの家にするのか最初に方向性だけ確認し、あとは担当の建築士さんに一任しました」。
 他の一戸建ての借家と大きく異なる点は、人の流れが活発化してきた近隣エリアの動向を踏まえ、県外・国外から移り住んだ人の生活にも幅広く対応できるプランにしたこと。具体的には、キッチン回りの動線はコンパクトにまとめつつ、欧米様式でホテルライクな、ボリューム感あふれる造りになっています。
 間取りは1階にLDKと主寝室を置き、2階に個室3室をレイアウト。水回りは上下階に一つずつ、2階の独立した洗面バスルームに加え、1階は主寝室にシャワールームを併設しました。デザインは内外装ともに白とダークブラウンで統一。スタイリッシュで落ち着いた雰囲気の中に、キッチンのデザインタイルやアプローチの花ブロックなどワンポイントの要素を取り入れて、表情に動きを付けています。

続きを見る

☆ 「今、この家だからこそできること」を家族で堪能

 

「期間限定」のマイホームに住み始めて丸1年。昨年には家族が1人増え、一段とにぎやかさを増しました。それでもすべての部屋は使い切れずに持て余し気味ですが、やんちゃ盛りの上の子どもたちにとっては絶好の環境。20畳超の広さがあるLDKに置かれた家具は、アメリカンサイズのカウチソファとダイニングテーブルセットのみ。リビング隣接の主寝室は現在、子どもたちの「おもちゃ置き場」になっており、1階のフロア全体が遊び場のような空間になっています。「跳んだり跳ねたり、おもちゃの車を乗り回したり。退去時に床の張り替えは確定かな」とご夫妻は温かく苦笑い。今は2階の1室を寝室に充てて、5人並んで寝ているそうです。
 期待以上だったのが、キッチン回りの使いやすさ。正面を向いて右手には洗濯室と物干し場、左手には大容量のパントリーがあり、わずかな移動距離であらゆる家事が完結します。顔を上げればLD全体を見渡せるので、台所作業をしながらでも常に子どもたちの様子が分かって安心。またシステムキッチンには大型のオーブンレンジが内蔵されており、「せっかくだから本格的なオーブン料理を楽しまなきゃ」と奥さま。新居に移って以来、友だちを招いてホームパーティーを開く機会が増えました。
 これだけの広さがあれば、大勢の人の集まりに適していることはご主人にとっても同様で、1月は早々に新年会の予定がめじろ押し。「いつ実家に戻ることになるのか分かりませんが、この家だからこそできることを堪能しておきたい。今はそんな気持ちが強いですね」。
 一つ一つの部屋や場所に愛着を込めて、今、この瞬間を慈しむ。Oさん一家にとって2019年の毎日は、一段と濃密なものになるでしょう。

建築・建設会社

  • ■ 株式会社 徳里産業
  • ■ TEL 098-956-0789

こんな家!に戻る >