NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > ペットも家族。みんなが居心地のよい家。

夫婦+子ども

ペットも家族。みんなが居心地のよい家。

夫婦や子どもたちだけでなく、犬や猫たちの住み心地も考えて、家づくりに取り組んだ上里夫妻。南からの風が届く居心地のよいリビングで、家族の会話も弾みます。

こんな家!

☆ 風の通る家

マンションから一軒家に住み替えることにした上里夫妻。まずは父親の勧めもあって、長年空地のままだった、実家の隣地を買うことにしました。そこは傾斜地にある変形敷地でしたが、眺めのよい場所にありました。実は、家づくりの依頼先を決める前に、マンションの買い手が現れて、実家に仮住まいしながらの家づくりとなったそうです。
 ネットで検索して目にした建築士の作品が気に入り、「メールしてみたら、すぐに返事があって、とんとん拍子で話が進みました」と奥さまは振り返ります。気に入った理由は、「ペットを飼っているので、閉め切るとにおいがこもりがちでした。その建築士さんの造った家は、窓にルーバーを付けていたり、風が通るように工夫されているところが、いいなと思いました」と奥さま。また、2階建ての実家で暮らしてみると、「子どもたちが2階にこもって、下に下りて来なくて。だからキッチンから見渡せる感じがいいなと思って、平屋を希望しました」と話します。
 ご主人からは「書斎が欲しい。座って作業がしたいので、畳間がいい」という要望を出しました。また、浴槽は使わないので、シャワー室にすることに。
 ペットは犬1匹と猫2匹がいて、ペット用のトイレと猫が遊べるキャットウォークも希望しました。

続きを見る

☆ 見通しのよいキッチン

 

白い外観がさわやかな上里さんの家。沖縄の風水のしきたりが取り入れられていて、玄関は南東向きです。ユニークなのは、玄関正面の部屋が書斎になっていて、玄関側に窓が設けられていること。「集中して仕事ができて、助かっています。窓を開けると、風も通ります。警備員みたいですが」とおかしそうに話します。
 玄関ホールの左手にLDが広がります。そのLDの左側に子ども室が並んで二つ、右側は奥に廊下が伸びていて、その左にキッチンと水回り、右に書斎と寝室を配した、シンプルな間取りです。
「風通しがいいですよ。以前のように、外出から帰ってきたとき、熱がこもった感じもなくて、快適です」と夫婦そろって満足そう。
 ヌレエンに続くリビング側は吹き抜けになっていて、はきだし窓の上部に、開閉式の高窓が設けられています。また、子ども室は、大小の窓を上下に設けて、下の小窓はルーバー窓を採用。外出時に、ルーバー窓から風が通るようにしておけば、ペットのにおいがこもるようなこともありません。
 リビングの吹き抜けと書斎の屋根裏を利用して、ロフトを設置したところ、「子どもがとても気に入っています」とうれしそうに話す奥さま。リビングとロフトの周りには、猫が喜びそうなキャットウォークなどの仕掛けもあって、楽しそうです。
 廊下横に設けた収納下の空間は、当初ペットのトイレにする予定でしたが、犬が気に入り、彼女の寝床となっています。
 対面キッチンからは、LDや子ども室まで見渡せます。「キッチンから全部見えるので、子どもたちには、うるさいと思われているかも。キッチンは収納もたっぷりあるし、廊下からも洗面室からも出入りできて、ぐるぐる回れる動線が便利です」と奥さま。人にも犬にも猫にも、居心地のよい家に、家族そろって大満足です。

建築・建設会社

  • ■ 建築設計 あ うん
  • ■ 沖縄県沖縄市登川2-22-10 1-A
  • ■ 098-989-5770
  • ■ https://aun.jimdo.com/

こんな家!に戻る >