NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 構造・階層別 > RC造 > 思い出紡いだ庭を望む 大開口を持つ平屋

親+夫婦+子ども

思い出紡いだ庭を望む 大開口を持つ平屋

かつて親子2世帯で暮らしていた2階建ての実家を建て替えて、家族全員ワンフロアで暮らす平屋を新築したSさんご夫妻。庭の植栽や内装木材を再活用して旧居の面影を引き継ぎながら、間取りもデザインもモダンに刷新し、家族の新しい歴史をスタートさせました。

こんな家!

☆ 幅4.5mの大開口を持つLDKと効率的な回遊動線

まるで迷路のようなレイアウト。だけど迷路と決定的に異なるのは、行き止まりがないところ。
 一見しただけでは各部屋のつながりがよくつかめないかもしれませんが、平面図を確認すればたちまち納得。つまりは大きく南に開いたLDKを中心に、回遊的な動線が東西両隣に用意されています。
 東側の迷路は、キッチンからスタートして水回りと4つの個室を通ってリビングまで、ライトコート(中庭)をぐるりと周回するルート。一方の西側は、同じくキッチンを起点にパントリー、ウオークインクローゼットから寝室をかすめて玄関ホールへ抜けて、再びLDKまで戻ってきます。そしてキッチンとは反対側に目をやれば、リビングにはフルオープンにできる幅4.5mの大開口が設けられ、窓を開けるとテラスを介して室内外が連続。視線が外へ外へと導かれ、開放感が一段と高まります。
「キッチンに立つのが好き。デザインや使い勝手が気に入っているのはもちろん、リビング越しには庭や敷地外の景色も眺められ、一緒に暮らす義母と並んで“あら、わが家の松の木にメジロが止まったわ”などと会話を交わすのが常になっています」と奥さま。これらの庭の木々は、ご主人の父親が生前に大切に育てていたもので、今回の建て替えに合わせて再配置しました。
 築50年以上たったご主人の実家を解体・新築し、新生活がスタートしたのは約4年前。以前は親世帯・子世帯がそれぞれ1、2階に分かれて暮らしていましたが、老朽化が進んで間取りも現在のライフスタイルに合わなくなったこと、広い1階に母親が一人暮らしになったことを機に、「平屋に建て替えて、全員同じ空間で生活しよう」と計画に着手。雑誌や新聞などで情報を集めながら完成見学会にも足しげく通って構想を練り、「私たちの要望を最も的確にくみ取って、プランに表してくれた」という設計事務所に依頼を決めました。

続きを見る

☆ 白いタイルが映えるモダンでスタイリッシュな空間

 

建て替え前後ではデザインのトーンも一新しました。ご夫妻にとっては初めての家づくりとあって自身の好みをとことん追求し、白を基調にシンプルにまとめて、上質な暮らしをイメージさせるスタイリッシュな雰囲気に。キッチンに合わせて造作したカウンターや建具などは、落ち着いたウォルナット色にして統一感を持たせ、リビングのテレビ背面には大胆にアクセントクロスを使い、空間にメリハリを加えました。
 メインの床材にタイルを選んだのは、敷地環境を熟知しているからこそ。一見すると、特に冬の間は冷たい印象を受けますが、「これだけ南に大きく開いていますからね。日が照れば室内はポカポカ暖かく、寒さで困ったことはありませんよ。逆に夏の間は、直射日光が室内に差し込まないように庇の長さを調整してもらったので、ひんやりして気持ちいい。じかに床に寝転んでいたいくらいです(笑)」とご主人。デッキテラス頭上の深い庇は濃い影を落として風を呼び、窓を開ければ熱気は中庭へと抜けていきます。
 ぐるぐる回れる動線は、期待通りの使いやすさ。「以前の家は増築に増築を重ねていたこともあり、特に家事をこなすのが一苦労。今はキッチンを軸に、水回りへも収納スペースへも最短距離で移動でき、とても楽になりました」。また玄関から生活スペースの様子が直接見えないことも、来客がリビングにいても顔を合わさずプライベート空間を移動できることも、建て替えに伴う改良点です。
 計画時に3人いた子どもたちは上の2人が独立し、現在は母親を合わせて4人住まい。もともと4つの個室は2室に連結・変更できる設計のため、末娘にとってはちょっぴりもうけもの。新築後には初孫が生まれ、顔を見せに頻繁に遊びに来ますが、いつでも和室でのびのび寝泊まりさせられます。
「これからもどんどん新しい家族が増え、やがてこの家も子の代に住み継がれていくでしょう。今回の建て替えを経て、家族の新しい歴史を紡いでいければ」。そんなご夫妻の思いが詰まった、気品と温かみあふれる住まいです。

建築・建設会社

  • ■ 有限会社 真玉橋設計事務所
  • ■ TEL 098-937-2777

こんな家!に戻る >