NEWS

構造・階層別

かふうWEB > こんな家! > 家族構成別 > 夫婦 > 吹き抜けのリビングが心地よいフランス瓦の家

木造

吹き抜けのリビングが心地よいフランス瓦の家

吹き抜けのリビングダイニングが気に入って、欧風スタイルの木造住宅を建てた具志堅夫妻。収納を充実させて、いつもすっきりと片付いた、シンプルな暮らしを楽しんでいます。

こんな家!

☆ 吹き抜けのある木造住宅

親戚の土地を買い取り、家を造ることにした具志堅夫妻。「当時は、中古のコンクリート屋で暮らしていて、外から帰ってきたときのむあーっとした熱さが嫌で、嫌で。エアコンも苦手なんですよ。ずっと涼しい家に住みたいと思っていました」とご主人は話します。
 モデルハウスや完成見学会巡りを続けるうちに、機能的な鉄骨住宅と吹き抜けのある木造住宅が気に入りました。
「最初は木造は考えていなくて、ふらっと立ち寄った感じです。2人とも吹き抜けのリビングダイニングがとても気に入って。営業の方の話を聞いてみると、木造でも頑丈でシロアリに強い家ができることを知って、心が動きました」と奥さま。最後の最後まで迷って、吹き抜けのある家に決めたのだそうです。
 主な依頼内容は「吹き抜けのリビングダイニングと、リビングの続き間として和室を置くこと。そして、風が通る涼しい家にしてほしい」というものでした。また、木造に決める前は平屋を希望していたのですが、三角屋根を生かして、1階を吹き抜けのあるパブリックスペース、2階を個室と小屋裏のあるプライベートスペースとすることにしました。また、「和室は3畳ぐらいで仏壇の間に」と考えていましたが、高齢になったときは、1階をメインに暮らすようになるかもしれないと思い、6畳に広げたそうです。
 駐車スペースは車4台分を確保。ご主人は「カーポートにしたかったけれど、予算を考えて、半分だけ屋根付きにしました。雨のときも、濡れずに玄関と行き来できるし、作業スペースにも使えて便利です」と話します。

続きを見る

☆ バリアフリーでお掃除楽々

 

フランス瓦の三角屋根を載せた、欧風スタイルの家が夫妻の住まいです。「モデルハウスでは、どの家も似たように見えましたが、このハウスメーカーの家は個性があると思いました」と満足そうに話すご主人。
 角地にあり、玄関は駐車場から一つ角を曲がったところにあります。前面に置かれた赤い宅配ボックスがワンポイントです。
 玄関ホールを正面に進んだ先に、木の梁を見せた吹き抜けのLDKが広がります。リビングの窓の向こうにはアマハジ空間があり、その先の庭へとつなげることで、リビングの開放感をさらに高めています。玄関ホールの右手には廊下があり、その廊下沿いに水回りを配置。この廊下はキッチンにもつながっていて、ぐるぐる回れる動線が便利です。
 収納は多様なタイプのものを各所に設け、あまりものを置かないシンプルな暮らしを実践しています。全体にベージュ系でまとめて、すっきりとした印象ですが、収納内部の壁紙は「外がシンプルな分、中は派手にしました」と奥さま。やわらかな色味のオレンジ系の花と緑の花柄に、奥さまの遊び心が伺えます。
 玄関以外はバリアフリーで床をつなげているので、「全部、ルンバが掃除してくれるので、とても楽です。この家で、一番そこが気に入っています」と嬉しそうに話すご主人。
 夫婦で、玄関やトイレ、リビングの壁に、調湿効果のあるエコカラットをデザイン的に貼ってみたり、庭で果樹や野菜を育てたり。収納内部の棚や仏壇もDIYです。
 新しい家に楽しみながら手を加えて、自分たち流のスタイルを作り上げています。

建築・建設会社

  • ■ プレステージホーム沖縄株式会社
  • ■ TEL 0120-714-840

こんな家!に戻る >