NEWS

すっきり暮らす

季節ごとの掃除法

梅雨時に役立つ重曹活用術

環境にやさしいお掃除グッズという位置づけが定着した感のある「重曹」。ジメジメの梅雨時にこそ活躍する、重曹の使い方のコツを紹介しましょう。ちょっと気を抜くと、いつの間にか水回りにカビや黒ずみが発生していて、ビックリ…というこの時期を、ちょっとしたアイデアで快適に乗り切りましょうね〜。

暮らしを楽しむ

☆ そもそも重曹って何?

梅雨時に役立つ重曹活用術

 100円ショップやスーパーのお掃除コーナーなどで、手軽に入手できる重曹。毎日のように使っている方も多いかと思いますが、ちょっとおさらい。
 重曹の正式な名称は「炭酸水素ナトリウム」で、精製の度合いによって、薬用、食品添加用、工業用に分類されています。食用では「ベーキングソーダ」として、ふくらし粉に使われたりします。
 お掃除グッズとしての特性は「弱アルカリ性であること」「ほどよい硬さの粒子であること」「油を分解すること」などが挙げられます。「弱アルカリ性」には、酸を中和する作用があるので、酸性の汚れを落とすのに役立ちます。また粒子の硬さを生かして、研磨剤として使用できます。油を分解する作用は、キッチンのしつこい油汚れなどに力を発揮します。さらに、においや湿気を吸収するので、「消臭・除湿」の効果にも期待ができます。
 では、これらの特性を100%発揮させる、賢い使い方を紹介しましょう。

続きを見る

【キッチン】
 油など酸性の汚れを中和させて、スッキリきれいにできます。粉をシンクや調理台、蛇口などに振りかけて磨きましょう。五徳など頑固な汚れにはペーストを。換気扇カバーなどのベタベタ汚れは、お湯に重曹と食器用洗剤を溶かして浸け置き洗いを。ガス台回りのすき間の油汚れにはスプレーが効果的です。

【押し入れ】
 粉のまま、口の広いびんなどに入れて押し入れに置けば、湿気を吸収し、消臭効果も発揮します。冷蔵庫やトイレなどの脱臭剤にも利用できます。器には、和紙や布でふたをしましょう。

【トイレ】
 重曹に好みの香りの精油を1〜2滴加えてトイレに置くと、さわやかな香りが漂います。スプレーを常備して使用後にシュッとすれば消臭効果も。

【靴箱】
 押し入れ同様、粉を置いて吸湿・消臭を。また、古い靴下などに重曹の粉を詰めて靴の中に入れれば、におい対策になります。

【浴室小物】
 お風呂の残り湯で重曹を溶かし、洗面器やいすなどを一晩浸けておきます。翌日ブラシなどで軽くこすると、簡単にキレイに。排水口のぬめりには粉を多めに振りかけ、80度ぐらいのお湯を重曹にかけます。

【ペット】
 ペットのにおいが気になるときも、重曹の消臭パワーを利用しましょう。ペットが粗相したら、汚れをふき取ったあと重曹を振りかけ、一晩おいてから掃除機をかけるとにおいが消えます。ペット用の衣類などは重曹の水溶液に浸け置きすると、汚れやにおいが落ちやすくなります。ケージ回りにスプレーしてから汚れをふき取ると、スッキリしますよ。

暮らしを楽しむに戻る >