NEWS

ガーデニング

かふうWEB > 暮らしを楽しむ > ガーデニング > お庭紹介 > ガーデニングは自然からの恩恵

お庭紹介

ガーデニングは自然からの恩恵

 このコーナーも、どうにかひと月を迎えることができました。ガーデニングは簡単なようで、とても奥が深いですね。選ばれる植物たちは、人々が暮らす環境や文化や地域によって左右されます。ヨーロッパや海外、本土などで育つ植物を沖縄で育てる事は難しいという経験を持つ方もいらっしゃると思います。やはり一番大事なのは、生育環境だということですね。

暮らしを楽しむ

☆ 庭作りのポイントー沖縄の庭に適した植物

 私が庭作りの依頼を受けた時、まず場所の立地条件(勾配、日当り、水はけ)といった具合に加えて、近隣の山々や野原などの自然風景を散歩しながら環境を見ます。どんな風に風が流れる場所なのかとか、樹木類の生態系や雑草の生え方なども確認します。それらを加味して、住む方のライフスタイルに合うよう、無理のないガーデニングライフが過ごせるかどうかを考えプランニングします。 

 沖縄では台風は避ける事ができません。一番植えられている庭木はクロキでしょう。成長もゆっくりで台風にもびくともしません。最近人気のある樹木はシマトネリコです。別名をそよ風の木とも呼ばれ、風になびく涼しい感じがします。また葉色がシルバー系のオリーブやヤシ類、多肉植物など、手入れのかからないものが要望されます。

 亜熱帯の沖縄では成長も早いのも事実です。だからといって、植えっ放しはよくありませんね。例えば、芝生も伸ばし過ぎれば、日光が根元まで行かず枯れてしまう事も。思い切って刈り込む事を繰り返す事で、雑草にも強い芝生がよみがえってきます。草花や樹木類も一緒で、花株の切り戻しや、低木類や高木類も定期的な剪定を行う事で健全な状態を維持できますね。手入れや草刈り作業もガーデニングです。まず楽しむことです。

続きを見る

☆ 楽しみながら、癒しの庭作りを

 

 昨今、世の中はSNSや情報社会が凄まじい勢いで進み、人々が多くのストレス環境の中で日常生活を送っています。 
 玄関先やリビング、またはキッチンなど置く場所はさまざまですが、環境をよく理解した上で材料を選びたいものです。日が当たる玄関先であれば、季節感のある草花で色合いを統一する。室内であれば観葉植物の寄せ植えなど、その植物を植える器の大きさや高さ、質感も重要なポイントです。またDIYには当然予算もかかります。計画を立ててゆっくり一つ一つ作り上げて行くのも楽しいガーデニングだと思います。
 グリーンや草花は人の心を豊かにしてくれる癒やしそのものではないでしょうか。ガーデニングは触れたとき、育て始めたとき、庭作りしたとき、ゆっくり成長をみながら無理をせず、自然体で楽しんでゆくのが本来の姿ではないでしょうか。 

 それでは、また来週をお会いしましょう。

【ポイント】
 クロキは、刈り込みの方法によって、和風庭園、洋風ガーデンにも選べますね。

暮らしを楽しむに戻る >