NEWS

かふうWEB > 暮らしを楽しむ > ガーデニング > 生活の中で庭に置くバランス

ガーデニング

生活の中で庭に置くバランス

ガーデニングとは違う話になりますが、人はそれぞれ趣味や趣向が違うという話をさせていただきましょう。

暮らしを楽しむ

☆ 庭作りの優先順位

洋服のデザイン、色味やつけるアクセサリー、毎日のことだと食べものの好き嫌いも人それぞれ。それと同様に、ライフスタイルも同じではありません。生まれ育った環境の違いで、ものや好みに対する価値観が変わることは当然のことなんです。 
 お庭の相談を受けるとき、「建物に予算がかかりすぎて庭の予算がほとんど無いんです…」といった話をよく聞きます。確かにまずは建物なんでしょうが、ちょっと悲しい気持ちになったりします。生活の中に緑があることが、いかに心を豊かにし生活に潤いを与えてくれるか……。

 例えば、話をするときと同じく優先順位をつけてみたらどうでしょうか。今ある予算で一番必要な物を決め、無理のないプランニングで着手することをお勧めします。もちろん、漠然とただ木を植えるのでは意味がありません。どんな草花や観葉植物でも一緒ですが、置く場所の高さや植物を置く位置などでも雰囲気はだいぶ変わってきます。将来どんな庭にするかを考慮することが肝要になってきます。

続きを見る

☆ 植物のメンテナンス

 

どうしても庭に手が掛けられない時期もあったりします。そんな時は、メンテナンスが少なくなるような植物類をご提案します。でも、メンテナンスフリーって無いんですけどね。(笑)植物も生き物ですから成長はしますし、日光や水、栄養も要求します。建物やお部屋も年数と共に変化があるように、庭の樹木や草花類・鉢物も大きく変化します。わかっていることだと思われがちですが、意外と理解されていないような気がします。「鉢物の元気が無い」と相談を受け、見てみたら根が鉢にぎっしりパンパンになっていたり、水やりが全く根に到達してなかったりとか。子育てと一緒のつもりでゆっくり見てあげて下さい。前にも書きましたが、芝や樹木類も剪定・芝刈りを定期的に行うことが大事です。
 
 衣食住で言えばガーデニングは住に当たります。ぜひ、生活の中に緑や草花のあるライフスタイルの空間をつくってもらいたいですね。

暮らしを楽しむに戻る >