NEWS

ペット

かふうWEB > 暮らしを楽しむ > ペット > ペットと遊ぶ > Wanの散歩道 屋部親水公園(名護市)

ペットのケア

Wanの散歩道 屋部親水公園(名護市)

フクギ並木が残る、のどかな水辺の集落・屋部。 名護市役所屋部支所の裏手に完成した「屋部親水公園」は、屋部川の河口付近に整備された水辺の公園です。

暮らしを楽しむ

☆ くつろぎながら、身近で平和学習も

 完成を待ちわびた近隣住民でにぎわっている「屋部親水公園」は、潮の干満で風景が異なり、マングローブが水面から顔を出すなど、水辺の見どころもいっぱい。広場には遊具やトイレ、駐車場などもあり、コンパクトながらも充実した設備が整っています。 
 歩いて20分ほどの「宇茂佐の森」地区に暮らす、島袋由里子さん親子と3匹の愛犬たち(空・姫・リク)は、時間に余裕があるときに、親水公園まで足を伸ばしているそうです。
「遊具やバスケットコートもあるので、子どもたちも喜んで散歩に付き合ってくれます。隣接する高台には平和の塔や戦没者の慰霊碑があり、海や川に癒やされながら、平和について触れられるところも気に入っています」と親水公園の魅力を話してくれました。

続きを見る

☆ 性格も違う3匹だけど、散歩好きは共通

 

 空と姫を動物愛護団体から引き取ったという島袋さん。「リクを飼い始めてから、次に飼うのは保護犬と決めていました。引き取るときには、最期まで責任を持って飼うと覚悟をしましたが、そんな心配をよそに2匹ともおりこうさんです」と愛おしそうに愛犬を見つめます。

 3匹一緒に出かけるときは、やんちゃなリクは、犬の扱いが上手な長女の穂花さんが、おとなしい姫は次女の鈴穂さんが担当。そして由里子さんは、体の大きな空、というように、担当を決めているそうです。性格が異なる3匹ですが、散歩は大好き。散歩用のバッグやリードを持ち出すと大騒ぎ。散歩を楽しみにしている3匹のためにも、コースを変えたり、場所を変えたり、工夫しながら散歩を楽しんでいます。

暮らしを楽しむに戻る >