NEWS

ガーデニング

かふうWEB > 暮らしを楽しむ > ガーデニング > 栽培法を聞く > 緑と暮らす「ガーデニング日和」 第19回 シンボルツリーを植えてみる

栽培法を聞く

緑と暮らす「ガーデニング日和」 第19回 シンボルツリーを植えてみる

ガーデンプランをしてゆくうえで、シンボルツリーの存在も大きな要素です。また、どんなシンボルツリーを選ぶかは、その立地や環境などを考慮に入れる必要があります。

暮らしを楽しむ

☆ シンボルツリーの選び方

ガーデンプランをしてゆくうえで、シンボルツリーの存在も大きな要素です。また、どんなシンボルツリーを選ぶかは、その立地や環境などを考慮に入れる必要があります。
 ある程度のスペースがある場合には、果樹や香りのある植物を植えるのもいいですね。もちろんシンボルツリーですから、庭の中でもメインとなる場所を選ぶでしょう。中庭やパティオなどリビングからでも見える場所、また駐車場や建物の脇などに植えることも多いですね。
 沖縄では台風はもちろんのこと、雨風も多いので水の流れを考えることも大切です。植えた時よりも成長しますので、あらかじめ余裕をもったスペースを確保しておくことも忘れないでください。当然メンテナンスも大切ですね。そういった意味でも、大きな植物やポイントとなる植物がシンボルツリーになります。樹木からその家のライフスタイルを感じることができる、と言っても過言ではないかと思います。

上:左から
①5mあるナツメヤシは迫力十分
②アレカヤシの葉の揺れは 優しいです
③読谷O邸建物入口のタコの木

下:左から
④シマサルスベリも樹形が きれい
⑤シルバーリーフのオリーブも 人気です

続きを見る

☆ 生育環境と個性を重視して

 

候補はたくさんあります。これは良いとか駄目とかはありませんが、生育環境にあったものを選ぶことが重要です。個性が出せるポイントでもあるので、目的や好みの植物を見つけてみてください。そして愛情をもって、ゆっくりと成長を見守りながら育てていってほしいですね。
 他にも、建物やご近所とのバランスも大切です。街中をゆっくり散歩しながら、違う観点で見てみることも楽しいかもしれません。
 次回はガーデンの装飾について、話したいと思います。

上左
①沖縄ではクロキの人気が高い
上右
②高い建物に映えるビロウヤシ
下右
③中庭にシンボルツリーの シマトネリコ
下左
④海沿いにビヨウタコノキ

暮らしを楽しむに戻る >