NEWS

建築資材

かふうWEB > メンテナンス > 建築資材 > 外構 > 手軽に生活の快適さをアップ

リフォーム

手軽に生活の快適さをアップ

「クリアネット網戸」と「ソフトブラインド網戸」は、快適な暮らしを支えてくれる身近なアイテムの一つ。最先端の市場動向とその重要性を見直したい商品です。

メンテナンス

☆ 糸を細くして凹凸を軽減。ショールームでも展示中

建材大手の「YKK AP」では、眺望・通風・防虫・清掃の4つの性能を向上させた「クリアネット網戸」の普及・販売に力を入れています。那覇市おもろまちにあるショールーム「PーSTAGE那覇」では、窓種別にさまざまな設置例が紹介されており、従来品との見え方の違いや網目の細かさなどを実際に確認することができます。
 クリアネット網戸は、同社従来品のブラックネット網戸と比べてネットの糸が約6割の細さになり、糸と糸の交差部を融着して、すき間と凹凸をなくした点が大きな特長です。RC造用の商品としては、主に引き違い窓に取り付けるスライド式の可動網戸、内倒し窓用の固定網戸、たてすべり出し窓用の固定網戸をラインアップ。このうち可動網戸には強風対策のために、網戸の自走・脱落を未然に防ぐストッパーを標準装備として、沖縄地区では2箇所に取り付けています。
 糸の材質は合成樹脂のポリプロピレン(PP)。プラスチック素材の中でも幅広い用途で使われており、軽量で熱や薬品に強く、糸に艶やかな光沢があります。網戸の素材としては、このほかグラスファイバーネット(不燃性ネット)などがよく用いられますが、PP製の網戸はグラスファイバーネットと比べて耐候性が高く、廃棄時も土中で腐食・分解するので環境に負荷を与えません。さらにクリアネット網戸を導入することで、次項で紹介するような4つの大きなメリットを得ることができます。

続きを見る

☆ 生活の快適さを高める4つのポイント

 

【1】手入れ
 糸と糸の交差部を融着しすき間をなくしたことで、ほこりが付着しにくい構造になっています。従来のブラックネットは、糸を織り込んだだけの構造のため、交差部にほこりがたまりやすく、外部からの力で簡単に“目ずれ”を起こすという欠点がありました。これに対しクリアネット網戸は、表面の凸凹が少ない上に、使い込んでも網目が広がらず、掃除・手入れがより手軽に行えます。

【2】眺め
 クリアネット網戸の糸の線経は0・15ミリ。従来のブラックネットと比べて、約6割の糸の細さを実現しました。ネットが視界を妨げないので室内から景色がクリアに見え、空間に開放感を与えてくれます。

【3】風通し
 線経が細くなったことで、単位面積当たりの開口率が高まり、より多くの風を通せるようになりました。網戸の開口率は、ブラックネットで68%だったものが、クリアネットの場合74%に向上。網戸を抜ける際の風の抵抗が軽減し、通風量が約2割アップしました。網戸を閉めて小さな虫の侵入を防ぎながら、効率よく換気・通風を図ることができます。

【4】虫よけ
 網目を「24メッシュ」と呼ばれる開口0・9ミリ角の細かさに設定。開口1・2ミリ角の一般的な「18メッシュ」の網目と比べて4分の3ほどの大きさになり、虫の侵入防止率が格段に向上しました。蚊を媒介とする感染症のリスクなどが高まる中、有効な対策の一つとしても注目を集めています。

☆ 目隠しと網戸が一体となった、新しいタイプの網戸が好評

 

YKK APではクリアネット網戸のほかにも、特色ある網戸商品を展開しています。例えば昨年3月に販売を始めた「ソフトブラインド網戸」は、外からの視線カットと通風を両立する、新しいタイプの上げ下げロール網戸です。2層の網と「スラット」と呼ばれる羽根を一体化したポリエステル製のやわらかい生地でできており、スラットの調整により、外からの視線を遮りながら、やわらかい光や自然の光を取り込めます。また未使用時は生地全体を上部のケースに収納できるので、窓回りをすっきり納めたいときにも有効です。
 生地の昇降とスラットの開閉は、ボールチェーンの操作で行います。網戸を納めると、窓の額縁内にフレームの両側が固定されるので、カーテンやブラインドのように風が吹いても揺れることがなく、小さな虫が侵入するすき間もありません。
 取り付け可能な窓種は、たてすべり出し窓とすべり出し窓。無理な窓種は、製作範囲内であれば任意のサイズでオーダーできます。また内窓を取り付ける感覚で簡単に設置できるので、リフォームにも最適です。
「PーSTAGE那覇」ではクリアネット網戸の設置例と並んで、ソフトブラインド網戸が展示されています。同ショールームでは、ほかにも玄関や勝手口用の横引き収納網戸など、多彩な網戸商品を見ることができます。

取材協力

■ PーSTAGE那覇

那覇市おもろまち4-19-14 八重洲第7ビル1階

098-866-4134

https://www.ykkap.co.jp/sr/naha/

メンテナンスに戻る >