NEWS

建築資材

かふうWEB > メンテナンス > 建築資材 > 内装 > 癒やし・快適の機能が満載。くつろぎのバスタイム

内装

癒やし・快適の機能が満載。くつろぎのバスタイム

目覚ましい進化を続けるバスルーム。使いやすさ、手入れのしやすさといった基本性能に加え、健康・美容・癒やしなどの要素を取り入れた商品が続々と誕生しています。今回は「お風呂を愛する国のバスルーム」をコンセプトに開発された、人気のシステムバスを紹介します。

メンテナンス

☆ 基本となる商品タイプは5種類

 住設機器大手のLIXIL(沖縄支店、宜野湾市大謝名)が2014年8月から販売を開始したシステムバスルーム「SPAGE(スパージュ)」は、同社が扱うバスルームブランドの中では最高ランクに位置づけられる商品です。肩湯や打たせ湯、映像・音響設備など、くつろぎのバスタイムを演出するさまざまな付加機能をそろえ、自宅で温泉・スパのような入浴体験が楽しめます。

 簡単な手入れで清潔が保てる仕組みを標準装備するほか、浴槽、壁材、ミラーなどのデザインのバリエーションも充実。発売開始以来、健康・美容に意識の高いこだわり派のユーザーから、毎日の快適な使い心地を求める一般家庭まで、幅広い支持を集めています。

 基本となる商品タイプは、グレードの高い順にPZ・CZ・PX・CX・BXの5種類。グレードごとにシステム構成・価格が異なり、一般的な1坪サイズ(160センチ×160センチ)の標準価格は、最上位のPZタイプが199万円から、最も求めやすいスタンダードなBXタイプは、普及タイプのバスルーム商品と同水準の95万円から。特定の機能や設備をオプションで追加することもできます。

続きを見る

☆ 肩湯・打たせ湯・キレイサーモフロアなど 綿密な設計で快適さを追求

 

 それではスパージュの主だった特長について、以下の3つの視点から見ていきましょう。

❶温泉・スパ施設並みの特別仕様(上位2グレード標準装備)
◎アクアフィール(肩湯)
 首から肩にかけて、薄いベールのようなお湯が流れ、やわらかな感触のヘッドレストに頭をのせながら、半身浴または全身浴が楽しめます。ジェットバスと切り替えて使う仕組みになっており、肩湯のときはジェットバスの口から湯舟のお湯を循環させて流すので、経済的です。PZ・CZ以外の3タイプでは、オプションで対応しています。

◎アクアタワー(打たせ湯)アクアタワー(オーバーヘッドシャワー)
 打たせ湯は、吐水口に内蔵した羽根車で、お湯の出方をコントロール。家庭のバスルームという天井高に制限がある中で、温浴施設と同等の心地よい刺激感を実現しました。オーバーヘッドシャワーは、やわらかくボリューム感に満ちた感触が特色。一般の成人男性がどの位置を向いても、全身を包み込めるだけのお湯の広がりがあります。

❷安心・安全、簡単な手入れで清潔を保つ基本性能(全5タイプ標準装備)
◎キレイサーモフロア
 光熱費ゼロで床の冷たさを解消。基材層の上に、中空バルーンを含んだ独自の断熱層を重ねることで、足が床に触れたときに足裏から逃げる熱を、従来の床と比べて約25%低減しました。また表面には皮脂汚れがつきにくい特殊加工が施され、スポンジが溝の奥まで届いて掃除がしやすい形状になっています。

◎くるりんポイ排水口
 浴槽のお湯を排水するときに、排水口内に渦流を発生させて、毛髪やヌメリなどをきれいに洗浄。渦流の力で毛髪やゴミがまとまり、ヘアキャッチャーを取り外して簡単に捨てられます。

❸プラスアルファの価値を生む意匠性・拡張性(全5タイプ共通)
◎人造大理石グランザ
 浴槽とカウンターには、上質な光沢があって肌触りのよい、LIXILオリジナルの人造大理石を使用。光を通す半透明層の上にアクリル鏡面仕上げの透明窓が重なり、深みのある輝きを放ちます。カラーはパールホワイト、パールアイボリー、パールブラックの3色があります。

◎選べるデザイン・充実のオプション
 浴槽の形状は6種類、壁パネルは4シリーズ全26種類をそろえるなど、デザインのバリエーションが充実。好みや予算に合わせて、一つ一つのアイテムをカスタマイズできます。また32型の大画面テレビを飾れるアクアシアター、スモークガラスを採用した高さ220センチのテンパー開き戸など、上質なバス空間をとことん追究するためのオプション仕様も充実しています。

☆ ショールームに2タイプを展示

 

 宜野湾市大謝名にある「LIXILショールーム沖縄」では、PZタイプとCXタイプのモデルバスルームを展示しています。PZタイプは、アクアシアターや高さ220センチのテンパー開き戸をはじめ、一部にモザイクタイルを取り入れたハイクラスアクセント張りの壁パネル、デジタルサウンドシステムなど、オプションを最大限に詰め込んだフルスペック仕様になっています。一方のCXタイプは、パールアイボリーを基調にした親しみやすいデザインで、システムバスを検討する入り口としては最適なモデルになっています。またどちらの展示でも、浴槽やキレイサーモフロアの質感、肌触りなど、スパージュの基本性能を直接確認できます。

取材協力

■ 株式会社LIXIL沖縄支店

宜野湾市字大謝名237-5

0120-179-400(水まわり商品)

http://www.lixil.co.jp/showroom/kyushu/lixil_okinawa/

メンテナンスに戻る >