NEWS

建築資材

かふうWEB > メンテナンス > 建築資材 > リフォーム > 優れたクッション性。足元の安全を守る

リフォーム

優れたクッション性。足元の安全を守る

人にやさしいソフトな歩行感と、転倒時の衝撃を吸収するクッション性を兼備した、機能的な床材を紹介します。どちらの製品も、国道330号近く、浦添市大平にある「ナイソ」ショールームで展示されており、いつでも気軽に見学できます。

メンテナンス

☆ 接着剤不要の屋内用置き床材

 つないで並べるだけ、両面テープや接着剤を使わず施工できる置き床材です。1センチから1・5センチの厚みがありクッション性に優れ、転倒時の衝撃を吸収。保温・防音効果も期待できます。

 商品サイズは1枚45センチ角または90センチ角。基材は発泡ポリエチレン製なのでとても軽量です。施工したい広さに合わせて色・枚数を選ぶことができ、撤去時はジョイント部分を手で外すだけなので片付けも簡単。不特定多数の人が利用する公共・商業施設から一般家庭まで、さまざまなシーンでの使用に適しており、幼稚園や保育園、老健施設、レジャー施設、商業施設のキッズコーナー、一般住宅の子ども室など、幅広く利用されています。

 全商品防炎仕様で、ホルムアルデヒド等級の最上位規格Fフォー・スターも取得。端部に専用スロープを取り付ければ、バリアフリーにも対応します。また汚れたり傷んだりした部分は1枚ずつ水洗い・部分交換ができるので、経済的です。

 業務用床材の総合メーカー「みずわ工業」(本社・京都市)が製造するロングセラーで、商品タイプは4種類。「ジョイントカーペット」は、保温クッション効果のある基材の表面にカーペットがのった2層構造になっており、カラーは8種類。防炎対応のレギュラー商品のほか、カーペット層に抗菌剤を練り込んだ抗菌仕様の商品もあります。

「ジョイントクッション」は、表面のスキン層が水分をはじき、汚れが染み込みにくい構造になった、拭き取りのできるクッションマットです。色は8種類。全商品に抗菌剤が配合されており、衛生的に使用できます。

「ジョイントクッション」に畳のような風合いを加えた「和み」シリーズは、置くだけで和室のような落ち着きのある空間を演出できます。定番色のイエロー、グリーンのほか、パステルピンク、パステルブルーも用意されています。

「ジョイントタイルカーペット」は、基材の上に中間層とナイロンパイル地のカーペットがのった3層構造になっており、一段と衝撃に強く耐久性に優れた商品です。トレーニングルーム、各種ダンスの練習場、イベント会場など、多目的利用の機能性フロアに適しています。

 同社ではこのほか、プール底衝撃吸収材の「プールクッション」、爽やかな足触りでプールの更衣室やサウナに適した「巻き取りスノコ」など、ユニークな商品を多数取り扱っています。

続きを見る

☆ アブソーバーマット

 

優れたクッション性。足元の安全を守る

 使用済みタイヤのゴムチップを主原料にした、表面仕上げ用の緩衝マットです。タイヤとゴムチップの特性である耐久性・耐候性を合わせ持ち、表面は滑りにくく弾力性に富み、ソフトな歩行感覚を実現。防音・防振にも優れ、カラーはグリーン、ブルー、レンガ、ブラック、グレーの5種類を標準色として用意しています。製造は、コンクリート構造物用目地板で全国ナンバーワンのシェアを誇る「藤本産業」(香川県高松市)。屋外を中心に用途の幅は広く、自然歩道や遊歩道、運動場のジョギングコースなど、さまざまなシーンで使用されています。

 材質について詳しく見ていくと、アブソーブマットは、黒色のゴムチップと液状のウレタン系のゴム、着色剤でできています。このうちゴムチップは、天然ゴムと合成ゴム(スチレン・ブタジエンゴム)に、ゴムの補強に最も効果のある充てん剤カーボンブラックなどを添加したもので、配合は自動車のタイヤとほぼ同じです。また液状ウレタンゴムは、他のゴムのように補強用の添加剤を加える必要がないほど、単独で十分な強度を持ち、アブソーブマットではバインダーとして使用されています。

 次に性能について、各種試験の結果をもとに分かりやすく解説すると、まず弾力性は、芝や天然土のテニスコートと同等のクッション性があることが分かっています。屋外暴露時の表面温度の変化は、木材に似た温度上昇のカーブを描きます。日射を受けても熱を帯びにくく、材質の変化もほとんど起こりません。また耐摩耗性については、1日に延べ250人が出入りする事務所で1年間観察したところ、全体として目立った変化はありませんでした。ただしブラック以外のカラーを採用している場合、経年とともに表面の着色剤が剥がれてくることが予想されます。とはいえマットの性能そのものに影響はなく、ペンキなどを塗り直して使い続けることができます。

 商品の形状は、正方形・長方形の「アブソーブマット」と、多角形で角型・丸型の「アブソーブタイル」があります。施工方法は、床面がコンクリートの場合は全面接着工法で、室内の木質床やビニール系のタイルには両面テープで敷設していきます。

 またアブソーブマットと同じ素材を活用し、砂場枠・花壇枠などに最適な「アブソーブガード」、階段の滑り止め・衝撃音遮断用につくられた「アブソーブステップ」「アブソーブノンスリップ」などの姉妹品もあります。

取材協力

■ 株式会社ナイソ

浦添市大平2-20-1

098-877-8700

http://www.naiso.co.jp/

メンテナンスに戻る >