あなたの夢を暮らしを応援する
住宅情報紙「週刊かふう」新報住宅ガイド

ライフスタイル

ゆとりのち晴れのお片づけ 第1章

ゆとりのち晴れのお片づけ 第1章

週刊かふう2019年4月12日発行号に掲載された内容です。

第1章 何のためにするの?

 初めまして。今回嬉しいご縁を頂きまして、お片づけのコラムを担当させていただきます、整理収納コンサルタントオフィスAyu’s style代表の“もりかど あゆみ”です。

 私は、オトーリの島・宮古島で生まれ育ちました。島育ちの私の性格はというと、楽観的で面倒臭がり、そして昼寝大好き人間。いかにも南国女子(?)といった感じです。

 そんな私の人生テーマは、『自分らしく生きる』こと。周りと比べず、自分の可能性を信じて進化し続ける……。夢は、お片づけ界の大谷翔平と言ったところでしょうか、もちろん彼のようなマルチプレーヤーになることです。

ゆとりのち晴れのお片づけ 第1章

今でこそお片づけの先生として活動をしていますが、最初から片づけが好きだったワケではありません。ただ生活するために仕方なく「片づけないといけないな~」といった感じでやっていました。

 そんな私でしたが、6年前の家づくりで整理収納を学ぶきっかけと巡り合います。一生に一度の大きな買い物だからこそ後悔したくない。そんな思いで学びをスタートさせました。既に感じている方もいるかと思いますが、片づけの学びを深めれば深めるほど、部屋と心は深く関係しているということに気付かされます。


ゆとりのち晴れのお片づけ 第1章

 私には3人の息子がいますが、6年前の私はガミガミのイライラ母さんといった感じだったでしょう(多分)。自分に自信がなく、いつも周りと比較している。32歳を超えたあたりから「私、このままでいいのかな?」という思いが湧いてきました。

「このまま私の人生終わるのは嫌だ!!」といったモヤモヤから一歩抜け出すために、家中の片づけを始めました。すべてはこれまでの自分にカタをつけ、なりたい自分になるためです。

 片づけは、理想の自分と暮らしを思い描くことから始まります。それでも続かないという人の多くは、片づける目的が曖昧だからです。何のために片づけたいのか、片づけることで何を手に入れたいのか。私は理想の自分を手に入れるために片づけを始めました。するともれなく時間と心のゆとりがついてきたということです。

「みなさんは何のために片づけをしますか?」

 これを来月までも宿題として、次回は実践的なことをお話ししていきたいと思います。

ゆとりのち晴れのお片づけ 第1章

このカテゴリの記事