あなたの夢を暮らしを応援する
住宅情報紙「週刊かふう」新報住宅ガイド

沖縄の住宅紹介

木造健康住宅で安心の子育て。自然素材に包まれて 快適に暮らす

木造健康住宅で安心の子育て。自然素材に包まれて 快適に暮らす

DATA
家族構成:夫婦、子ども2人
所在地:南風原町
設計:リード・アーキテクト株式会社(担当/上羽和正)
敷地面積:199.45㎡(60.33坪)
建築面積:72.76㎡(22.00坪)
延床面積:104.84㎡(31.71坪)
用途地域:未指定
構造:木造軸組在来工法
施工:リード・アーキテクト株式会社(担当/小野章子)
電気:オガ電設(担当/小笠原真純)
水道:株式会社沖宮設備(担当/坂下隆一)
キッチン:タカラスタンダード株式会社(担当/真栄里修)

子育て真っ最中のT夫妻が選んだ家は、自然素材にこだわった
安心•安全な木造住宅。梁をあらわした開放的な
リビングでくつろぎのときを楽しまれています。

木造健康住宅で安心の子育て。自然素材に包まれて 快適に暮らす

 以前から「子どもの就学前に家を建てられたら」と考えていたT夫妻でしたが、親族から「土地を譲るから家を建てたら」と話が持ちかけられたことで、家づくりに向けて弾みがつきました。
 夫妻には「住みたい家」のイメージがまだなかったので、見学会や家づくりのセミナーに参加するなど情報を集めることから始めました。ある日、参加したセミナーで出会った、「住むだけで健康になる」とうたった木造健康住宅に心ひかれ、家づくりをお願いすることにしました。「下の子がアレルギー体質なので、この家なら安心して住めるかなと思いました」と奥さまは振り返ります。
 その会社の住宅は、構造材や建材は全て無垢材で、畳は無農薬の天然イグサ、壁はスペイン漆喰仕上げが基本でした。また、内断熱、外断熱、遮熱塗り壁、調湿漆喰と、4つの断熱工法を採用した独自のクアトロ工法は、暑さ寒さから建物を守り、室内環境を快適に整えるという効果を発揮します。シロアリ対策には、有害物質を一切含まないホウ酸処理が採用されています。
 一旦、工法を木造に決めてみると、「それなら梁を見せたいし、リビングの天井を高くして、2階の子ども室の窓から、リビングが眺められるようにしたい」「アマハジがほしい」などと、「住みたい家」のイメージがどんどん広がっていきました。
 建築士が最初に提案した、1階にLDKと和室、水回りを、2階に寝室と子ども室を配したシンプルなプランが気に入り、打ち合わせはとてもスムーズに進んだそうです。

木造健康住宅で安心の子育て。自然素材に包まれて 快適に暮らす

 眺めのよい高台にある、段違いに設けた瓦屋根の流れが美しい木造住宅がT夫妻の住まいです。前面は駐車場で、その右側を進んだ先に玄関があり、琉球ガラスを嵌めこんだ、かわいらしいドアが迎えてくれます。
 Tさんの家からは、駐車場のある西側の眺望が特に素晴らしいため、西側にLDKを配し、リビングに大きな掃出し窓を設けました。その窓の外にデッキを伸ばし、アマハジ空間を作ることで、西日をシャットダウンしています。アマハジの外には小庭があり、駐車場との境に花ブロックを積んだヒンプンを配し、外からの視線をかわしています。

木造健康住宅で安心の子育て。自然素材に包まれて 快適に暮らす

「木造にしてよかった。足に触れる床の感触が心地いいです」とにこやかに話すご主人。構造体の梁や火打ち材を見せて、さわやかなオフホワイトの漆喰で仕上げたLDKは明るく開放感に溢れています。見通しのよいキッチンは、回遊できるアイランド型で、背面の水回りとの動線もスムーズ。また、リビングの一隅に机を造りつけ、子どもの勉強コーナーとして活用しています。
 2階のウォークインクローゼットや階段下収納、キッチンのパントリーや床下収納など、さまざまなタイプの収納がデザインされ、収納力も十分です。また、玄関の靴箱は扉をなくし、飾り棚としても活用しています。
「前のアパートは2DKで狭かったけれど、この家は駐車場も広めにとってもらったので、親戚や友達を招待することもできます」と満足そうなT夫妻。家中に遊び場を見つけては、はしゃぐ子どもたちの姿も、のびのびと楽しそうです。

このカテゴリの記事